能勢妙見山

能勢妙見山
能勢妙見山

兵庫県川西市、大阪府豊能郡豊能町、能勢町にまたがる山間にある「能勢妙見山」。日本三大妙見の一つといわれ、日蓮宗の属する北辰妙見菩薩を本尊とする寺院。正式には『無漏山真如寺境外仏堂能勢妙見山』と称し、『日蓮宗関西における随一の霊場』という。

能勢電鉄の終点・妙見口から、ケーブル・リフトと乗り継いだ終点・妙見山から、森のなかを約15分ほど歩くと大鳥居前に出る。鳥居をくぐり参道を進むと各処に“南無妙法蓮華経”の石碑や神馬像が立ち、その間に開山・日乾上人像、開基・能勢頼次像が見える。

山頂付近には能勢妙見宮によって「星嶺」(せいれい)という、能勢妙見宮の紋章をかたどった形の信徒会館が建てられており、2階の礼拝堂は、床が全てガラス張りという仏教の礼拝堂とは思えない構造となっている。

能勢妙見山
所在地:大阪府豊能郡能勢町野間中661 
電話番号:072-739-0991
http://www.myoken.org/



PAGE
TOP