神戸市立博物館

「神戸市立博物館」は神戸でもっとも華やかな通りのひとつ京町筋に面している。付近一帯はかつて外国人居留地だった地域で、明治以降に発展したミナト神戸の中心地に建てられている。以前からあった「市立南蛮美術館」と「考古館」を統合し、新しい博物館として1982(昭和57)年秋に開館した。

神戸市立博物館
神戸市立博物館

博物館の建物は、桜井小太郎の設計のもと1935(昭和10)年竣工。旧横浜正金銀行(現 三菱UFJ銀行)神戸支店ビルを増改築。正面にドリス様式の円柱が建ち並ぶ新古典様式の建物で、昭和初期の名建築と言われており、1998(平成10)年には登録文化財に指定された。

重厚で落ち着きのある建物はその当時の銀行の面影をそのまま残している。博物館正面入口ではロダンのブロンズ像が出迎えてくれる。

正面入口を入ったところは、かつてこの建物が銀行だった頃の業務カウンターになっていたところで、吹き抜けの広いホールが広がる。

神戸市立博物館
神戸市立博物館

建物内部は1階と2階に常設展示と特別展示がある。

常設展示は、神戸が古くからの国際港都で、諸外国との文化交流の窓口の役割を果たしてきたことをふまえて、「国際文化交流-東西文化の接触と変容」を基本テーマとし、6つのエリアに分け日本と外国との文化交流の様子を神戸に焦点をあてながら展示紹介している。

神戸市立博物館
神戸市立博物館

2階展示室4・5では東南アジアとの交流(原始・古代)がテーマ。ここでは、国宝桜ヶ丘銅鐸をはじめ、市内から出土した考古資料や五色塚古墳模型など神戸周辺の旧石器時代から古墳時代までの生活の様子を中国・朝鮮との交流に触れながら紹介。中でも桜ヶ丘古墳から出土された銅鐸は、教科書などでもたびたび紹介され、銅鐸に描かれた、人や獣の絵はなじみ深い。

展示室5では、中世に入り仏教文化の浸透を通じて、大陸文化の影響を受けていった様子や、中国、朝鮮との交流を紹介している。

神戸市立博物館
神戸市立博物館

1 2 3 


PAGE
TOP