神戸の和を料理で楽しむ「新割烹 丹色」

丹色
丹色

〆鯖の和風カルパッチョ
〆鯖の和風カルパッチョ

店内にはお店を象徴する朱色が
店内にはお店を象徴する朱色が

日本の伝統色のひとつを店名に冠した日本料理店「新割烹 丹色/にいろ」。丹色とは丹頂鶴(タンチョウヅル)の頭の朱の色のことを言い、店主の祖父の営む店にも「つる」が付くこと、縁起がいい鳥であることから店名にしたという。

「新割烹 丹色」
「新割烹 丹色」

鳴門金時の抹茶ブリュレ
鳴門金時の抹茶ブリュレ

日本食一筋の料理人である店主は起承転結のある、メリとハリの利いた日本食を提供する。枠にとらわれない創作から、ほっとする定番の味付けの一品まで、その振れ幅が大きいほど料理は面白くなるという。

八寸
八寸

「新割烹 丹色」
「新割烹 丹色」

丹誠のこもった料理とおもてなしを海の幸・山の幸の豊かな神戸の四季とともに表現する。これが丹色の業だ。ゆずの皮を刻んで入れた香り豊かな出汁巻き卵や、ほんの軽く酢で絞めた鯖をオリーブオイルと土佐醤油で味付けした和風カルパッチョ。そんな創作もあればオーソドックスな味付けの炊き合わせまで、力みすぎず、曲の流れのようにアレンジされた料理の旋律を楽しめる。

糸撚魚と根菜の御椀
糸撚魚と根菜の御椀

料理人の魂をも感じる
料理人の魂をも感じる

”走り・旬・なごり”と季節の旬にも時期がある。料理人は”走り”の食材を使いがちと言われるが、丹色では走りものは極力避ける。旬もので本当の美味しさを味わってほしいからだという。お椀は脂の乗ったイトヨリ鯛に金時人参・うぐいす菜・大根の三種の根菜のすまし汁。椀物は添え物ではなく日本食ではメインとなり特に力が入るのだという。

「新割烹 丹色」
「新割烹 丹色」

「新割烹 丹色」
「新割烹 丹色」

生まれ育った神戸の街を「いい意味でトカイナカ」と表現する店主。そんな神戸の街でしっとりと日本の味に触れてみるのも粋ではないか。

神戸の和を料理で楽しむ「新割烹 丹色」
所在地:兵庫県神戸市中央区元町通3-13-1 
電話番号:078-599-8956
営業時間
11:30-14:30(13:30 L.O)
18:00-22:00(21:00 L.O)
定休日
日曜日、祝日の月曜日、月末の月曜日
http://www.kobe-niiro.com/



PAGE
TOP