近松記念館

近松門左衛門は、『曽根崎心中』『冥途の飛脚』などの浄瑠璃作品・歌舞伎作品を書いた江戸時代の劇作家。国指定史跡となっている墓がある広済寺の隣に、1975(昭和50)年11月22日に開設されたのが「近松記念館」だ。ちなみに、11月22日は近松門左衛門の命日にあたる。館内には、近松の過去帳、愛用の文机、手紙などゆかりの品約100点が展示されており、当時の貴重な資料にふれることができる。近松記念館 所在地 .....


PAGE
TOP