日岡陵(日岡山陵)

日岡陵(日岡山陵)
日岡陵(日岡山陵)

「日岡陵(ひおかのみささぎ)」は、第12代景行天皇の皇后である稲日大郎姫命(いなびのおおいらつめのみこと)の陵とされている。これは、『播磨国風土記』の印南別嬢(いなみのわきいらつめ)が『日本書紀』の稲日大郎姫にあたると考えられることから、『播磨国風土記』の日岡に印南別嬢の墓があるという記述より、日岡山古墳が稲日大郎姫の陵であると比定されたものだと思われる。しかし、現在まで学術的な調査などは行われていない。

日岡陵(日岡山陵)
日岡陵(日岡山陵)

また『播磨国風土記』の記述によると、印南別嬢は亡くなったのち、日岡山の墓に葬るため遺体を運んでいたところ、印南川(現・加古川)を通ったとき、 川下から突風が吹いて船が転覆。遺体を捜索したところ、櫛箱と褶(ひれ=肩掛け)しか見つからなかったため、その二つを墓に埋葬したという伝承から褶墓(ひれはか)と呼ばれている。全長80メートルの前方後円墳だ。

日岡陵(日岡山陵)
所在地:兵庫県加古川市加古川町大野 
http://kako-navi.jp/spot/spot/purpose/hi..



PAGE
TOP