鶴林寺

鶴林寺

「鶴林寺(かくりんじ)」は589(崇峻天皇2)年、聖徳太子が開基したといわれている寺で、宗派は天台宗。 創建時は「刀田山四天王聖霊院」と称したが、1112(天永3)年に「鶴林寺」と改めている。同時期に、「太子堂」や「常行堂」が造られた。

鶴林寺

鶴林寺

国宝に指定されている文化財は、1397(応永4)年に建築された「本堂」、1112(天永3)年に建築された「太子堂」の2件。なお「太子堂」は、元来は「法華堂」と称された堂で、堂内の壁画に聖徳太子像があることから「太子堂」と呼ばれている。重要文化財には、「常行堂」「鐘楼」「行者堂」「護摩堂」などの建物のほか、絵画や彫刻、工芸品など合わせて20件の所蔵がある。

鶴林寺
所在地:兵庫県加古川市加古川町北在家424 
電話番号:079-454-7053
公開時間:9:00~17:00(最終入場16:30)
閉門日:年中無休
http://www.kakurinji.or.jp/



PAGE
TOP