“教育”にこだわり子どもを育てる さくら幼稚園 芳村起代子園長

学校法人 芳村学園 さくら幼稚園
園長 芳村 起代子先生

“教育”にこだわり子どもを育てる

さくらキッズガーデン

「桜神宮」の境内に接している「芳村学園 さくら幼稚園」は、この地で60年以上続いている歴史のある私立幼稚園であると同時に、例年志願者の倍率が3倍を超える地域でも有数の人気園。幼稚園には0歳から2歳までを対象にした保育室「さくらキッズ」と、小学生を対象にした「さくら学童クラブ」も併設されており、合わせて「さくらキッズガーデン」として、一貫教育がなされている。

今回はこの園の理事長を長らく務め、「幼稚園の顔」として保護者からも子どもからも慕われている、園長の芳村起代子先生にお話を聞いた。

園長は神社に嫁がれて以来ずっと学園経営に携わってきたそうですが、園の歴史についてお聞かせください

さくらキッズガーデン 芳村さん

さくら幼稚園は2014(平成26年)で創立66年になりました。私がこちらに嫁いで51年、昔は桜神宮の片隅で幼稚園だけを経営していましたが、区の方から「神社の一角の建物を学童クラブにしてほしい」と言われて開設しました。そうして学童クラブを運営するなかで、幼児教育の重要さを実感しました。

「それなら学童クラブも一緒の建物の中に全部取り込んで、子どもを見よう」と考えた始めたのが今のような形になったきっかけです。区の方からも「保育室をやって欲しい」と言われていましたし、私も保育室と幼稚園と学童の全部を経営すれば、建物をたててもなんとか返済も出来るかなと思ったので、1999(平成11)年に思い切って新しい建物を造ったわけです。

さくら幼稚園

新しくなった幼稚園では、0~2歳は保育室「さくらキッズ」で見ていまして、その子たちはそのまま幼稚園に上がります。それとは別に幼稚園の2歳児クラスもありまして、幼稚園の3歳からは一緒になるという具合です。幼稚園は3年間ですけれど、卒園後もほとんどの子が学童クラブにも通いますから、最大12年は目の届く範囲で見られるようになりました。ですから私としても子どもたちの将来が見えるようで、すごく楽しみながらやっているんです。

教育方針についてお聞かせ下さい。

さくら幼稚園 授業

うちは幼稚園ですが、幼稚園だけで“教育”するわけではなく、0歳から2歳の子どもに関しても保育ではなくて“教育”をしています。区の方から「保育園を作ってほしい」と依頼された時にも、「0歳から学童まで、保育ではなく教育をします」ということでお引き受けしましたし、それだったら私もやり甲斐があるなと考えたわけですから。

学校法人 芳村学園 さくら幼稚園 園長 芳村 起代子先生 インタビュー

そのため、保育室でも預かる段階で選考をして、そのまま全員が幼稚園に進めるようにしています。ですから入る時には最初に2時間かけて説明会をして、それから1組30分かけて選考の面接をしています。30分の面接では、親御さんがどんな育ちをしているか、どんな考え方でいるのかをよく伺って、考え方が同じ方向を向いている方に入園して頂いています。

ですから、「園とご家庭が、お互いに気持もひとつになって、同じ方向を目指している」というところも、うちの特徴のひとつですね。たとえ幼稚園の教育が素晴らしくても、ご家庭でも同じようにして頂かなければ「育つものも育たない」ということになってしまいますから、同じ方向を向いているというのはとても大事なことなんです。

園長先生が子どもたちの教育にあたって、特に大切にしていることは何でしょうか?

さくら幼稚園 坂

まずひとつは「徒歩通園」をさせるということです。歩いて通えるということがまず第一条件なので、幼稚園から半径800メートル以内にお住まいの方がほとんどです。登園してからも園庭を5周ぐらい毎日走って、その間には滑り台みたいな斜面も挟んでいますから、かなり足腰が鍛えられていると思います。もうひとつは、「早寝早起き」です。小さい時に朝方の子どもに育てておけば絶対に夜型にはならないんです。これは自分自身が早寝早起きの生活をしてきて、自分の子どもたちにもそうさせて、それが結果としてすごく良かったので、皆さんにもお願いしています。

学校法人 芳村学園 さくら幼稚園 園長 芳村 起代子先生 インタビュー

「朝ごはん」も毎日定刻にきちっと食べればイライラするような子には育たないんです。大人もお腹がすいていたり眠かったりすればすぐにイライラするでしょう。そこから喧嘩が始まったりしますから、大人も子どもも同じなんですね。それから「時間厳守」も小さいうちから身につけさせています。こういうことはお母様がきちんとしてあげれば幼稚園の時期に身体に染みこみますから、遅刻するということが「気持ちの悪い行為」になるわけです。ですから遅刻をする子はいませんし、病気をしない健康な子が多いです。

さくら幼稚園 サッカー

やはり「健康第一」なんです。どんなに頭が良くなっても、年中体調が悪かったりお布団の中にいたり、受験の時に高熱を出したりでは意味が無いんです。せっかくの力を発揮できないじゃないですか。ですから私が一番大事に思っているのは、「健康」なんです。

学習の面で、特別なカリキュラムなどはありますか?

さくら幼稚園 教育

音感教育のリトミックは開園以来、専任の先生に指導して頂いていますが、学習の面では英語と「S・Iあそび」という知能教育を1989(平成元)年から導入しています。どちらも「さくら幼稚園の考え方と似ている」と思って採用したものです。「S・I」については、「すべて子どもに、肯定的な言葉がけをしなさい」という基本があるのですが、これはあらゆる場面で活用しています。大勢の中にたった一人だけよくできた子がいたら、(大多数を叱るのではなくて)その一人の子をすごく褒めてあげるんです。そうすると不思議とみんなもその子の真似をするようになるんです。そういう教育を「S・I」だけじゃなくて園教育全体でやっています。

ユニークな行事などがありましたら教えて下さい

さくらキッズガーデン 園庭

数年前から年長さんのお別れ遠足で高尾山に行くようになって、下から一番急なコースを歩いていくんですが、去年も頂上まで2時間半かけて皆で登り切りました。一緒に行ったお父様方も驚いていたくらいです。今年は雪で高尾山に行けなかったので代わりにサマーランドのプールに行きました。これも評判が良くて(笑)、来年度は秋に登山、春にはプールに行きたいというので検討しているところです。遠足は毎年稲城に「おいもほり遠足」に行っています。お芋掘りをしながら森の中に入ってその時もけっこう歩くんですが、2歳さんから年長さんまでみんなちゃんとついてきますよ。日々歩いている生活の成果ですね。

さくら幼稚園 学芸会

それから、年間で一番の大きなイベントは、2月の生活発表会ですね。これは凄いですよ。4つの作品を4年でぐるぐる回して毎年違う作品を演じるんですが、2歳から6歳の子どもたち全員、150人で1時間半。最初の30分は2歳児・3歳児さんが中心で、だんだん後半になると年中さん、年長さんの主役が出てくるんですが、年長さんは言葉もしっかりしていますから見応えがありますし、親御さんも「年長さんになればあそこまでなれるんだ」ってびっくりされますね。この時はご家族だけの招待なんですが、1日では入りきらないので3日間やるんです。それでも人数制限するぐらいの人気ですね。

最後に、桜新町の地域の魅力について教えてください

さくらキッズガーデン

私は“井の中の蛙”でさくら幼稚園の中に一日中、ここしか知らないんですけれど、親御さんがよくおっしゃるのは「この沿線で、駅を降りて緑がこんなにあるところはここだけ」ということですね。桜の時期には桜並木になりますし、それ以外の時期も緑の並木に覆われているというのは桜新町の一番の魅力ではないでしょうか。

それと、地盤がよくて地震に強いというのもあるでしょうね。先日の大震災の時にも、実際の揺れは大きくなくて園内も私の自宅も何も落ちることも壊れることも無かったですから。水害もまず無いでしょうし、安心してお子さんと暮らしていただけると思います。私も50年以上ここに住んでいますけれど、移り住もうという気持ちは全然起きないですね。

今回、話を聞いた人

さくらキッズガーデン 芳村さん

学校法人芳村学園 さくらキッズガーデン
理事長(園長) 芳村起代子さん

住所:東京都世田谷区新町3-21-3
電話番号:03-3428-6474

http://www.nakayoku.com/

※記事内容は2014(平成26)年7月時点の情報です。

“教育”にこだわり子どもを育てる/さくら幼稚園 芳村起代子園長
所在地:東京都世田谷区新町3-21-3 
電話番号:03-3428-6474
保育時間:9:00~14:00(水曜日は12:30まで)
http://www.nakayoku.com/sakura-youchien…