憧れの中学生を身近に感じ、 将来の目標を育てる つくば市立竹園西小学校 矢口和子先生

つくば市立竹園西小学校

憧れの中学生を身近に感じ、
将来の目標を育てる「竹園西小学校」

つくば市立竹園西小学校
校長・矢口和子先生

「教育日本一」を目標としている「つくば市」の中でも、学力が高いことで知られている竹園エリア。「竹園西小学校」は竹園エリアの小中3校からなる「つくば竹園学園」に属する公立小学校で、同学園に所属する「竹園東小学校」とともに「竹園東中学校」と小中一貫教育を行っている。小学生の立場における小中一貫教育というのは一体どんなメリットがあるのか? 校長の矢口和子先生に伺った。

つくば市の公立学校はすべて小中一貫教育を行うことが最大の特徴ですが、「竹園西小学校」は「竹園東中学校」との小中一貫教育を行っています。
小学生の立場からみて、小中一貫教育はどのような利点があるのでしょうか?

つくば市立竹園西小学校

中学生と交流を持つことで、子どもたちは中学生に対して強い憧れを持つことができます。例えばこの前は6年生が中学の合唱祭に呼んでいただいたのですが、中学生の合唱は小学生では真似できないレベルです。そういったものに触れることで、自分たちがやがて中学生になったとき、「あんな先輩になりたい」という目標が持てるわけです。そうすると自分たちは今、それに向けてどんなことを頑張ればいいのかということを考える意欲が沸きます。

 

つくば市立竹園西小学校

7月にも中学生が来て、5年生、6年生のために中学校生活に関するプレゼンテーションをしてくれました。子どもたちはもちろん、我々教員も中学生のユーモアがあるプレゼン力に感心してしまいました。「中学校にいったらこの子たちはあんなふうに頑張っていくんだな」ということが、教員も今の段階でみえてくるんですね。それに向けて目標を持った子どもたちを育てることがいかに重要かということを、自分たちも改めて認識すると思いますね。

「竹園西小学校」と「竹園東中学校」は校舎が別々という「施設分離型」です。
そのことで大変なことはありますか?

つくば市立竹園西小学校

やはり「施設分離型」による課題は学校の距離です。教員同士お互いどのように授業準備や情報交換をするのかは、近い方が都合は良いです。そこで、本学園では年間の研修計画を年度始めに決めています。計画的に授業準備や研修ができるようにしています。

 

つくば市立竹園西小学校

例えば夏休み中の月曜日は研修や行事などをなるべく持たないで、学園が共通で研修をするという工夫をしています。お互いの授業も頻繁に見合い、授業研究もしています。

 

つくば市立竹園西小学校

今年は中学の理科の先生に、小学校高学年の理科の授業に入っていただいています。そういう授業は子どもたちにとって良い刺激になるのはもちろん、我々小学校教師にとっても授業の進め方など学ぶ部分はとても多いです。

つくば市ではそのほかにも小中学校の9年間で行う独自プログラム「つくばスタイル科」というものがありますが、これはどういうものでしょうか?

つくば市立竹園西小学校

つくば市の公立学校が教育課程の特例校として、国が定めた教育課程以外のカリキュラムとして行っているものです。「つくば次世代型スキル」を育成する発信型のプロジェクト学習と、外国語活動(小学校第1学年~第6学年)から成っています。「つくば次世代型スキル」の育成とは、国際社会で活躍するためのスキルや自らの力で問題をよりよく解決する態度等を育てることを目指したものです。9年間の系統性を持つ単元構成となっています。

 

つくば市立竹園西小学校

環境教育、キャリア教育、歴史文化、防災教育などをつくばの教育資源フルに活用して展開できるようにしています。小学校1年生から4年生の外国語活動については、15分のモジュールでの学習を取り入れています。英語で歌やゲームをするなど体験活動を中心とした学習ですので、子どもたちはとても楽しみにしています。

つくば市はもちろん竹園エリアは学力水準が全国的にも非常に高いことで知られていますが、そのために先生が心がけていることはありますか?

つくば市立竹園西小学校

竹園だからということではありませんが、子どもたちは限りない可能性をもっています。可能性を引き出し、伸ばすのが学校の使命です。世界で活躍することになる子どもたち一人一人の力を伸ばしていきたいと思います。

 

つくば市立竹園西小学校

つくば市は「教育日本一」を目指しています。ICTの機器による活動にしても、「つくばスタイル科」の推進にしても、それを目指す意気込みをもって我々も取り組んでいます。

子どもたちの親御さんの期待の高さはいかがでしょうか。
このエリアは公務員の方や研究員といった方が多い特殊性のある地域であることは事実であるように思います。

つくば市立竹園西小学校

それはあると思います。ありがたい部分としては、保護者の方々はすごく地域活動に協力的です。例えばPTA活動も盛んですしボランティアをお願いしても、ものすごくたくさんの方々が集まってくださいます。例えば社会科見学のような子どもたちが地域に出かける活動もありますが、その際は子どもたち3人に大人1人がついてくださり、見守りをしてくださるんです。そういったところの協力もすごく惜しまずやってくださいます。

 

つくば市立竹園西小学校

あとは夏休みに「夏季セミナー」という希望制の課外授業がありますが、保護者の方々がたくさんの講師を紹介してくださり、コーディネートもしてくれます。能楽師の方をお呼びして、直接子どもたちに見せてくれました。あとはお料理や手芸、音楽に関する講座、体操教室、ネイチャーゲームなど、いろいろな分野で貴重な体験をすることができました。

 

つくば市立竹園西小学校

その間、教師は高学年を対象とした算数の補充学習をしたり、教育相談をしたりすることができました。

矢口校長先生は「竹園西小学校」に赴任して何年になるのでしょうか?

つくば市立竹園西小学校

今年からです。1990(平成2)年創立の時に、本校に勤務していました。創立時から8年間勤務をした学校にまたお世話になることができ、大変嬉しいです。今年校長として赴任した際、その時と子どもたちのキラキラした目が変わらないことが本当にうれしかったですね。保護者の方がとても協力的なのも、当時とまったく変わっていません。

最後に「竹園西小学校」の今後の課題について教えてください。

つくば市立竹園西小学校

私たちは市の方針である「小中一貫教育」をもとに、一つの目標に向かってやっています。きちんと成果を出し、そのうえで何をやっても課題というものは出てきますので、それを踏まえつつ子どもたちのためにどうあるべきかを考えながら、きちんと教育をやっていきたいと思っています。

つくば市立竹園西小学校

つくば市立竹園西小学校

校長 矢口和子先生

所在地:茨城県つくば市竹園2-19-4
電話番号:029-851-7975
http://www.tsukuba.ed.jp/~takezono-we/

※記事内容は2013(平成25)年11月時点の取材を元に制作しており、今後変更となる可能性がございます。

憧れの中学生を身近に感じ、 将来の目標を育てる/つくば市立竹園西小学校 矢口和子先生
所在地:茨城県つくば市竹園2-19-4 
電話番号:029-851-7975
http://www.tsukuba.ed.jp/~takezono-we/