真心を込め、ベストを尽くす。
高き理想に少しでも近づくために ピーコックストア 芝浦アイランド店店長

ピーコックストア 芝浦アイランド店
店長

真心を込め、ベストを尽くす。高き理想に少しでも近づくために

ピーコックストア 芝浦アイランド店

ピーコックストア 芝浦アイランド店  店長インタビュー

2007(平成19)年3月、港区における第6番目の店舗として「芝浦アイランド店」はオープンしました。各スタッフがベストを尽くし、利用者に心から満足してもらえる店づくりをすること。それがスーパーマーケットとして何よりも大切なことだと考えている店長の近藤さん。再開発が進み、日ごと、月ごとに街が成長している芝浦。変化し続ける街、そして仕事に対する想いについてお話を伺いました。

さっそくですが、まずは芝浦の印象について聞かせてください。

一口に言えば、“若者が多い”ということですね。それによって街が活気づいているように感じます。再開発が続けられている街ですが、それがさらに加速していけば、若い方だけでなく、それ以外の世代の方も増えてくるかもしれません。住民が増え、新たなニーズが生まれることで商業施設も増え、街が発展していくのではないかと思います。

この街で生活されている方をイメージし、どのような商品が求められているのかを考えることは大切ですね。お客様の日常、食を通じて健康を預かっているという責任を忘れず、満足していただける商品ラインナップを心がけています。当店だけでなく、生活圏にはホームセンターもあります。この周辺には急坂がないので、自転車でのアクセスも便利だと思います。

「ピーコックストア 芝浦アイランド店」の特徴をお教え頂けないでしょうか。

ピーコックストア 芝浦アイランド店

42台分のスペースを確保した駐車場は、2,000円以上のお買い物で1時間分が無料となります。自動車を利用される方が多いエリアなので、そうしたニーズに応えることは大切ですね。

品揃えに関して言えば、ベビーカーを押されながら買い物をされるような若い世代が多いこともあり、扱っている商品は、他店よりも“西欧”の色が濃いですね。“お客様のニーズに応えること”この姿勢が何よりも大切だと考えています。

では、お店づくりに関して大切にされていることというのは?

季節感があり、そのときの季節が分かるようにすることですね。店内を歩くだけで、旬の魚介や野菜が分かるようにしています。また、お客様にとって便利であるだけでなく、お買い物が楽しくなるように商品を配置していくことも必要です。工夫によって、商品の売上げは大きく左右しますからね。

例えば、なべつゆのストレートパウチ。これまで鮮魚、青果といった具合に売場ごとに商品を並べていたのですが、それを一箇所に集めることにしたのです。その結果、関東エリアの系列店では一番の売上げとなりました。お客様のことを第一に考えた結果、数字となって現れたのは嬉しかったですね。

「ピーコックストア 芝浦アイランド店」の店長として、どのようなことに気をつかっていらっしゃいますか?

お客様に対してはもちろんですが、スタッフへの気配りも大切です。どれだけ頑張っても、私だけでは何もできません。スタッフの力を借りることでスーパーマーケットとしての使命を果たせるようになるわけですから、それぞれのモチベーションを高め、働きやすい環境をつくることは欠かせません。スタッフには“ベストを尽くそう”とは言いますが、決して「頑張れ」と言わないようにしています。

人によって基準が違いますし、もしかしたら本人は“もう頑張れないくらいに頑張っている”かもしれません。ですからそれぞれが、その瞬間にベストを尽くすことが大切なのではないかなと。選手、つまりスタッフがプレーしやすいような環境を整え、ゲームプランを打ち出すことは店舗の方向性を示すこと。こうした考えや仕事に対する姿勢は、学生時代に打ち込んだアメリカンフットボールが大きく影響しています。

お仕事のなかで嬉しいと思うこと、また過去に嬉しかったエピソードなどあれば伺えますか?

月並かもしれませんが、お客様に喜んでいただけることが、この仕事で得られる最大の喜びですね。なかには、私のことを名前で呼んでくださる方がいらっしゃったり、その他にもお手紙を頂いたこともありました。お店の看板だけでなく、私自身も信頼していただけたわけですから本当に嬉しかったですね。お客様からいただいた手紙は、一生の宝物になりました。

芝浦界隈で、お気に入りの場所はありますか?

芝浦アイランド

職場と同じ場所になってしまいますが、やはり「芝浦アイランド」ですね。運河に囲まれ、とても爽やかな風が吹き抜けていきます。カフェもありますから、そこでゆっくりとコーヒーを飲むというのも楽しいのではと思います。

水上バスを利用すれば、台場、豊洲方面に行けるというのも魅力的。それと実は、お店の裏は、地元の方だけが知っている東京湾花火大会の隠れスポットなんですよ。開催当日が待ち遠しくなる程です。

地域の生活を支えている「芝浦アイランド店」。今後は、どのような店舗にしていきたいと考えていますか?

ピーコックストア 芝浦アイランド店

お客様のため、そしてスタッフのためにも、これまで以上に“あって良かった”と思われる店舗にしていきたいと思っています。そのために、まだまだクリアすべき課題は多いのですが、ひとつずつ着実に乗り越えていきたいですね。

より良いお店にしていく意味でも、もし何か気づくことがあれば気兼ねなく御指摘いただければと思っています。例えば商品が入れ替わり、お求めのものがない場合でも、可能な限り対応させて頂きます。お客様の満足度を高め、精進していく結果が、“より良いお店”になっていくのだと思っています。

※記事内容は2013(平成25)年12月時点の情報です。

今回、話を聞いた人

ピーコックストア 芝浦アイランド店 店長 近藤さん

所在地:東京都港区芝浦4-22-2
電話番号:03-5730-0303
URL:http://www.aeonmarket.co.jp/peacock_shop_info/east_shibauraisland/shibauraisland.html

※記事内容は2013(平成25)年12月時点の情報です。

真心を込め、ベストを尽くす。
高き理想に少しでも近づくために/ピーコックストア 芝浦アイランド店店長

所在地:東京都港区芝浦4-22-2 
電話番号:03-5730-0303
営業時間:24時間営業
http://aeonmarket.co.jp/peacock_shop_det..