緑豊かな環境下での 国際色豊かな学校教育 つくば市立竹園東小学校 田村実枝子 校長先生

つくば竹園学園 つくば市立竹園東小学校
校長 田村実枝子先生

緑豊かな環境下での
国際色豊かな学校教育

学習にコンピュータを導入した日本初の学校となる「つくば市立竹園東小学校」。その先進的な取り組みは、筑波研究学園都市内にあるということと決して無関係ではない。「竹園西小学校」、「竹園東中学校」とともに「つくば竹園学園」を構成する同校が掲げる「ひびき合い、高め合う楽しい学校」を目指し、日々尽力している田村実枝子校長にお話を伺った。

まずは、「竹園東小学校」の沿革、また教育方針について聞かせてください。

つくば市立竹園東小学校

本校は、筑波研究学園都市で最初に開設された学校で、1974(昭和49)年4月に、6学級99名の学校としてスタートしました。「ひびき合い、高め合う楽しい学校」を教育目標に掲げ、現在は「竹園西小学校」、「竹園東中学校」とともに「つくば竹園学園」を構成しています。

つくば市が力を入れているICT教育(※1)について伺えますか?

つくば市立竹園東小学校 貴重なしな

本校は教育にコンピュータを取り入れた日本初の小学校で、「筑波大学」との共同研究により1977(昭和52)年からCAI教育(※2)を開始。現在でも電子黒板やハイスピードカメラ、ネットワークコンテンツをはじめとしたICT機器・コンテンツを導入し、全学年での学習に活用しています。

※1:ICTとは、情報通信技術を表すITに、コミュニケーションの概念を加えた言葉(Information and Communication Technology)。具体的には、電子黒板やノートパソコン、タブレット型端末などを用いた教育を指すことが多い。教育日本一を目指しているつくば市教育委員会では,ICTの「C」に4つの意味(協働力Community、言語力Communication、思考・判断力Cognition、知識・理解力Comprehension)を持たせることを考え、この4Cを未来の子どもたちのために大切に実践し、夢感動のある楽しい学校づくりに生かしていきたいと考えている。
※2:子どもの教育(主として学校教育)にコンピュータを活用すること。また、そのためのソフトウェアやシステムなどのこと。

“中1ギャップ”という言葉がありますが、その対策として取り組まれていることがあれば教えてください。

つくば市立竹園東小学校 体育館

小中一貫教育のメリットに、児童・生徒間の交流が挙げられます。先日も、7年生が中学校の様子を教えにきてくれるなど、こうした小小・小中連携によって新しい環境に適応しやすくなっています。また、全てではないのですが、教科によっては教科担任制を実施し、より細やかな指導ができることもあって、特に“中1ギャップ”を意識することはなくなりました。

国際理解教育の「竹園ワールド」について伺いたいと思います。

つくば市立竹園東小学校 スマイルルーム

1~4年生を対象に、朝の15分間を利用して英語教育をするのが「竹園ワールド」ですが、2012(平成24)年度に「つくばスタイル科」が導入され、そのなかに組み込まれることとなりました。ここは海外からの研究者も多く、国際色豊かなエリアです。本校でも英語教育には力を入れており、外国語学習専用のスマイルルームも設けています。

地域の方々がスクールボランティアとして、協力してくれるそうですね。
周辺地域の方や、保護者の方との連携について伺えますか?

つくば市立竹園東小学校 田村校長

子どもたちの教育に関心が高く、学校活動に熱心な方が多いので、本校としても大変嬉しく思っています。本の読み聞かせや、草花の手入れをしてくれるクリーンボランティアの方もいらっしゃいます。また、ゲストティーチャーとして、「筑波大学」の先生が学部生・院生とともに理科の実験をしてくださったこともあります。

「竹園東小学校」は学力水準の高い学校として知られています。
教育に関して、先生方が心がけていることはありますか?

つくば市立竹園東小学校 校名

「つくば竹園学園」としてのテーマでもありますが、国際社会で活躍する児童生徒の育成には何が必要かということを踏まえた授業をしています。研究機関が点在し、先端技術を身近に感じることのできるエリアですから、その地域性を存分に活かし、児童の将来を見据えた取り組みをしたいと考えています。

行政から研究校やモデル校に指定されているそうですね。

つくば市立竹園東小学校 ICT教室

先進的教育用モデル地域事業の指定を受けている本校ですが、1999(平成11)年5月に、60台ものコンピュータネットワークが完成。CAI以外でもコンピュータを活用できるようになりました。その4ヵ月後には職員室、図書室がコンピュータネットワークに接続され、インターネットにも対応しました。現在は児童用のタブレットPCも完備され、授業で活用してきました。

「竹園東小学校」で誇れること、自慢できることをぜひ聞かせてください。

つくば市立竹園東小学校

あり過ぎて困りますね(笑)。素直な児童が多く、学習面についても意欲的で探究心にあふれています。合唱も盛んで、これまで数多くのコンクールで賞をいただきました。施設面では、開校から40年近くも経っていることから木々の幹は太くなり、緑も豊かです。敷地も広いので、落ち着いた環境のなかで学校生活を送ることができます。

最後になりますが、この街での生活を考えている方にメッセージをいただけますか?

つくば公園通り

海外からの研究者が多いこともあり、新しいものを受け入れようという土壌があるように思います。周辺には自然が残り、駅周辺は遊歩道が整備されているので大通りを渡る必要はありません。さらにTXが開通したことで、これまで以上に都心が身近になりました。教育面、住環境を含め、これまで以上に注目される街になるのではないかと思っています。

今回、話を聞いた人

つくば市立竹園東小学校 校長先生

つくば市立竹園東小学校 田村実枝子校長先生

住所:茨城県つくば市竹園3-13
電話番号:029-851-2032

http://www.tsukuba.ed.jp/~takezono-east-e/

※記事内容は2014(平成26)年7月に実施した取材に基づいて作成しています。

緑豊かな環境下での 国際色豊かな学校教育/つくば市立竹園東小学校 田村実枝子 校長先生
所在地:茨城県つくば市竹園3-13 
電話番号:029-851-2032
http://www.tsukuba.ed.jp/~takezono-east-..