住民の想いがこもった夏の催し。“良きふるさと”を多くの人に伝える「みよしまつり」 みよしまつり実行委員会 山田政弘さん・小川智東さん

ベッドタウンとして開発が進められている三芳町は、東京都に最も近い町。都心部へのアクセスに優れている一方で穏やかな住環境が整っている。その三芳町で、毎年夏の終わりの風物詩として開催されている「みよしまつり」。“ふるさとのお祭り”とも言うべき「みよしまつり」を主催・運営する、実行委員会の山田さん(三芳町商工会会長)と三芳町自治安心課の小川さんに、祭りの概要や三芳町の魅力について伺った。

楽しさいっぱいの「みよしまつり」

三芳町商工会 会長 山田政弘さん(左)と三芳町自治安心課 副課長 小川智東さん(右)

―2015(平成27)年9月5日(土)に開催される「みよしまつり」。まずは、概要から聞かせてください。

小川:「みよしまつり」は、今年で25回目の開催となります。「三芳町立運動公園」をメイン会場に、子どもたちが生涯忘れ得ぬ故郷での楽しい思い出になるように、町民と力をあわせて築いていく“住民手づくり”のお祭りです。

―どれくらいの方が来場されるのですか?

山田:昨年は45,000人が来場されました。しかし会場内だけでなく、遠くから花火を楽しんでいる方も多いので、間接的な参加者を含めると相当な数になると思います。来場されなくても、例えばそれぞれご自宅の玄関先などからも花火を眺めて楽しめるお祭りになっています。

フィナーレの花火(※写真提供三芳町)

―やはり花火がイチオシですか?

小川:花火も魅力のひとつですが、“花火大会”というわけではないので、それ以外のイベントにも注目してもらえたら嬉しいですね。「みよしまつり」を担当している部署は、観光を担当する課ではなく自治安心課。つまり、もともと外部から人を集めようというよりも、地域のコミュニティづくりや活性化を図り、子どもたちに“良きふるさと”を感じてもらいたいというのが大きなテーマです。地元を離れても“みよしまつりがあるから久しぶりに行ってみよう”と思ってもらえることが理想ですね。

祭りを彩るイベントも多数

御輿練り歩き(※写真提供三芳町)

―「みよしまつり」の催し物について聞かせてください。

山田:子どもロックソーラン節、流し踊り、鳴子踊り、組太鼓、御輿練り歩き、阿波踊り、輪踊り、組太鼓、そして最後の花火と続きます。また、ロビーコンサートとして「三芳中学校吹奏楽部」の演奏や、「ぱふぉーまんす広場」でヒーローショー、ダンスなども予定されています。また地域の伝統芸能として、祭囃子の演奏もあります。各地区から4団体が参加するのですが、地区によって形態が異なるので、それぞれの音色が重ならないように会場の四隅で場所を離してあります。三芳町に受け継がれてきた伝統芸能を、次世代に繋げていきたいですね。

お囃子獅子舞(※写真提供三芳町)

―当日は、模擬店は出るのですか?

山田:そうですね。町内で活動しているサークルや各県人会も出店します。模擬店を出すことで生まれる繋がりや交流もあると思います。今回から、“お世話になっているこの町で汗をかきたい“という企業も参加しますよ。

模擬店を楽しむ子ども達(※写真提供三芳町)

―三芳町に限らず地域根ざしたお祭りは、各市・各区でも開かれています。そのなかで「みよしまつり」ならではの特徴はありますか?

山田:少し変わった取り組みとしては、ほんの5分間程度ですが参加者全員でゴミ拾いタイムを設けていることですね。短い時間とはいえ、ゴミを拾うお祭りというのはないでしょう(笑)。イベントとしてゴミを拾うことで、子どもたちも張り切って拾ってくれますよ。「みよしまつり」は作り上げるのも、片付けるのも住民の手でやっていますから、文字通り“住民手づくり”のお祭りなんです。

多くの来場者でにぎわう祭り会場(※写真提供三芳町)

祭りだけではない、三芳町に感じる魅力とは

―三芳町の魅力について聞かせてください。

小川:都心部から30キロ圏内でありながら、“町”としての穏やかな雰囲気が残っていることが三芳町の大きな魅力ではないかと思います。それと、町立図書館の人口一人あたりの貸出冊数が県内1位ということも小さな自慢です(笑)。貸出冊数の上限が多めに設定されていることもありますが、住民の方に図書館などの公共施設を普段からよく使っていただけている証拠ではないでしょうか。

三芳町産の夏野菜(※写真提供三芳町)

山田:生まれも育ちも三芳町の私ですが、自然災害の少ない街だなという印象ですね。大きな河もなく、周囲エリアよりも僅かに高台になっているので水害もありません。また、住宅街でありながら農地が残されており、そこで若い就農者が美味しい小松菜や白菜、ほうれん草などを育てています。スーパーマーケットにも新鮮な地元野菜が並べられ、飲食店でも地元野菜を使ったメニューがあったりと、地産地消が楽しめる街です。

みよしまつり

(左)三芳町商工会
会長 山田政弘さん

(右)三芳町自治安心課
副課長 小川智東さん

※この情報は2015(平成27)年9月時点のものです。

住民の想いがこもった夏の催し。“良きふるさと”を多くの人に伝える「みよしまつり」/みよしまつり実行委員会 山田政弘さん・小川智東さん
所在地:埼玉県入間郡三芳町藤久保1100-1 
電話番号:049-258-0019
開庁時間:平日 8:30~17:15、第1土曜日 8:30~12:00(庁舎1Fのみ)
閉所日:土・日曜日、祝日、年末年始
http://www.town.saitama-miyoshi.lg.jp/