先生も子どもも全力投球。
“全職員で全員を見る保育”で、自由闊達な子どもを育む。 亀田幼稚園 園長 木村美津子先生

亀田幼稚園 園長
木村美津子先生

先生も子どもも全力投球。
“全職員で全員を見る保育”で、自由闊達な子どもを育む。

東急大井町線の線路沿い、「中延」駅と「荏原町」駅の間あたりにある私立「亀田幼稚園」。古くからの住宅地が広がるこの地域で、長年にわたって子どもたちの教育に取り組んできた。英会話、体操、合奏などの多彩な専門指導を行う一方で、先生一人一人の熱意と相互の連携によって、200人近くの園児たちを“全職員で見る保育”を行っているという。「亀田幼稚園」園長の木村美津子先生に、園の理念や特長ある取り組み、そしてこの地域の魅力についてお話を聞いた。

亀田幼稚園の概要について教えてください。

亀田幼稚園 制服

2014年11月に創立59年を迎え、多くの園児たちが毎日元気に通園しています。年少は少人数に分けていますので3クラス、年中と年長は2クラスです。
「自由に大きくのびのび育てたい」という教育理念のもと、「自由な活動」「みんなで行う活動」の2本の柱を大切にしながらたくさんの刺激を与え、健やかな成長を育むよう職員たちは日々教育活動をしております。

特徴のある保育について教えてください。

亀田幼稚園 草履

まずは数十年以上続けている「裸足保育」です。うわばきの代わりに草履を履きますので、登園したら子どもたちはすぐ裸足になって草履に履き替えます。草履だと足の指を使わないと歩けませんし、5本指を使うのは脳の発達にも非常に良いとされています。
また年中・年長は夏でも冬でも冷暖房は使いません。夏は窓を開け放して毎日プール、冬でも窓は閉め切らず先生は悲鳴をあげるくらいです(笑)。でも風邪をひく子や熱中症になる子はいませんね。とにかく元気で体を使って遊ぶ子どもたちなので、病欠も非常に少ないです。

亀田幼稚園 運動会父兄

あとは“燃える行事”も多く、例えば運動会も1~3位までにだけ金銀銅のメダルが出て、赤白に分かれて全競技で本気で競い合います。保護者競技も点数に入りますから、親たちも本気。先生も「子どもに勝つ喜びを教えてあげたい」とスイッチが入ります。「競わせない」のも一つの考え方ですが、本気で取り組んで全力を尽くす楽しさや喜びも大切だと考えています。

専任講師を呼んでの指導も多いようですね。

亀田幼稚園 園長インタビュー

「体操」とネイティブの先生による「英語」は全園児週1回、「書きかた」は年長さん週1回、「スイミング」は年長・年中さん月1回、「合奏指導」は全園児月1回です。いずれも数十年間続いている指導で、担任ではなかなか手が回らない部分に専門講師を招いて指導することで、より質の高い・刺激のある保育を実現しています。特に合奏はずっと同じ先生にご指導いただいており、学年末の音楽発表会では鳥肌が立つほどの見事な演奏を子どもたちが披露しますよ。

園の1日の流れを教えてください。

亀田幼稚園 給食

8時半~10時の間に登園で、10時までは園庭や教室で自由に遊びます。10時から朝の会で、その後に専門講師による一斉活動やみんなの活動が始まります。12時からはお昼ご飯。月・水・金はお弁当、火・木は手づくり給食で、園の厨房で作ったカレーライスとスパゲッティをみんなで食べます。子どもたちは給食が大好きで4~5杯平らげる子もいるくらい大人気です。

 

お弁当の日は仕出しも注文できますが、やっぱり子どもはお母さん手づくりのお弁当が嬉しいみたいですね。昼食後は、また自由な活動をして14時で降園です。

延長保育も実施しており、必要であれば18時30分までお預かりします。私たちは品川区で初めて延長保育をはじめた幼稚園で、最初は外部へ委託していたのですが、やはり自分たちで子どもを見たいと職員で担当することになりました。多くの方がご利用されていて、突然の延長保育にも対応しています。

保育を拝見しても、先生方の熱意が感じられますね。

亀田幼稚園 園庭

説明会などでもいつもお話しするのは、「先生たちは子どもに対して真剣に叱り、真剣に褒め、真剣に愛情を注いでいます」ということ。初めて園を見学された保護者の方に、「こんなに本気で子どもを叱る園は初めてです」と言われたことがあります。子どものことを本気で考えたら、叱るのも教え諭すのも当たり前。そのうえで叱り方が間違っていないかを職員同士でチェックし合い、叱られた子どものフォローを全員でします。

「子どものためなら」という先生が多いので、全てに全力投球。全職員で全員を見る保育ということもあって、職員会議は長いですよ(笑)。

“全職員で全員を見る保育”とは、実際にどういうことですか?

亀田幼稚園 集団活動

クラス単位での小さな集団で子どもたちを育てるのではなく、職員は全園児と保護者の方々の顔と名前を把握して、全職員で全園児を保育するようにしています。子どもたちを全ての先生が見守ることで、担任が一人で抱え込まず周囲に相談しやすくなりますね。

亀田幼稚園 スイミング

子どもは担任以外の先生から聞かれれば素直に言えることもありますし、近すぎて担任が気づかないことに別の先生が気づくこともあります。先生方も非常に仲が良いので、「○○ちゃん、最近笑顔が少なくなったけど何かあったかな?」とお互いで声をかけあったり、先生同士で指導内容もよく見えますから、先輩の先生が後輩に「ああいう場合はこうした方がいいよ」などアドバイスすることも多々ありますね。まるで幼稚園まるごとで一つの大きな家族のようだと、いつも感じます。

亀田幼稚園 園長インタビュー

クラスの垣根を越えて過ごす事で、年少さんから年長さんまで皆仲が良く、子ども達の中で自然と面倒をみあう姿が随所にみられ、助け合ったり、励ましあったり、時にはけんかの仲裁に入ったり、小さい子ども達は年長さんの全てに憧れてまねてみたり、微笑ましい場面に沢山出会います。多くの失敗や成功、そして全力で叱られ全力で褒められ、沢山の経験をしながら成長し、お互いを認め合いながら卒園していきますので、卒園してからの「絆」も大変強くて、中学生になっても高校生になっても大学生になっても、行事の前は必ず「お手伝いありますか?」と連れだって訪問してくれるんですよ。

最後にこのエリアの魅力について教えてください。

亀田幼稚園 組体操

静かで便利で、本当に暮らしやすい地域だと思います。ご近所同士も仲がよく、子どもたちにも気軽に声をかけ、温かい気持ちで接してくださいます。お母さんたちを見ていても、皆さん明るくてコミュニケーション能力が高い方が多いと感じます。

この辺りは有名な商店街が多く、大手スーパーよりも昔ながらの商店で買い物をする文化が未だに残る地域。挨拶をしたり世間話をしながら買い物ができるような昔ながらの環境は、子どもにも良いのではないでしょうか。日常的な買い物には商店街で充分ですし、渋谷にも自由が丘にも出やすくて交通の便も良い。子どもを育てながら暮らす環境としては理想的だと思います。下町のような親しみやすさが残る街ですね。

亀田幼稚園 園先生

今回、話を聞いた人

亀田幼稚園 園長

木村美津子先生

住所:東京都品川区中延6-1-3
電話番号:03-3783-7211
URL:http://www.shinashiyo.net/school_kameda.html

※記事内容は2014(平成26)年12月時点の情報です。

先生も子どもも全力投球。
“全職員で全員を見る保育”で、自由闊達な子どもを育む。/亀田幼稚園 園長 木村美津子先生

所在地:東京都品川区中延6-1-3 
電話番号:03-3783-7211
http://www.shinashiyo.net/school_kameda…