子どもたちを正しく強く育てる。 “地域に頼られる保育園”を目指して 都市型保育園 ポポラー板橋小豆沢園 園長 矢田先生

都市型保育園 ポポラー板橋小豆沢園
園長 矢田さん

子どもたちを正しく強く育てる
“地域に頼られる保育園”を目指して

目黒と高島平を結ぶ都営三田線と、北区との区境に挟まれた板橋小豆沢エリア。緑豊かな「小豆沢公園」の横には大型ショッピングモールの「セブンタウン小豆沢」が並び、ファミリー層が生活しやすい環境が整っている。そんな小豆沢に建つ大型マンションの1階にある「都市型保育園 ポポラー板橋小豆沢園」は、働くお母さん方はもちろん、仕事を持たない人にも頼ってもらえるような保育園を目指して日々運営を実施。グループ会社である株式会社キッズ・コムが所有する北海道南富良野の自然体験開拓村「キッズコムファーム」を活用して、大自然で“生きる力を育む”というスケールの大きな教育プロジェクトにも取り組んでいる。「都市型保育園 ポポラー板橋小豆沢園」の矢田園長に園の特長や理念、小豆沢エリアの魅力についてお話を伺った。

マンション施設併設の保育園として4月にオープンされたそうですね。

都市型保育園 ポポラー板橋小豆沢園

はい。2015(平成27)年4月1日に開園し、定員50名の園を運営しております。ポポラーは、お母さまたちのニーズに合わせたフレキシブルな保育を提供しており、定時での仕事ではない方やリフレッシュのためなど預ける理由は問わずに、お子さんをお預かりできる保育園です。朝7時から夜9時まで、月極保育は曜日も時間も日数も自由に選ぶことができます。一時保育なら1時間以上10分単位でお預かりでき、便利に利用していただきたいと思っています。

大型マンションのスカイティアラに併設しており、居住者への優先枠と割引がありますが、周辺地域の方々もご利用できます。マンション1階で、大通りから一本入ったところにあるのでとても静かで安全な立地です。

園の1日の流れを教えてください。

ポポラー板橋小豆沢園 園長矢田先生インタビュー

登園したら保護者の方からお子さんの朝の様子や体調を聞き、視診をしてからお預かりします。毎朝行っている朝の会が終わったら、お絵かきや工作、夏はプールなどのカリキュラムに入ります。お昼は、ポポラー第1号園誕生の25年前からこだわり続けている完全手作り給食の昼食を食べ、歯磨きをしてお昼寝です。午後は手作りおやつのあと、外遊びに出かけます。ポポラーは基本的に国からの補助金を受けずに運営する認可外保育施設であることから、園庭がないところが多いのですが、晴れていれば必ず公園に出かけて思い切り体を使って遊びます。

ポポラー板橋小豆沢園2

今お預かりしている20人の園児たちは、0才の乳児と、それ以上の幼児の2クラスで、異年齢合同の縦割保育を取り入れ、毎日の生活を共にしています。小さい子は年長の子どもたちの遊びを見て、言葉を聞いて、食事の仕方を見てさまざまなことを吸収します。また大きな子たちは自分よりも小さい子に優しくしたり、教えてあげることを学びます。近年はひとりっ子が多くなり、兄弟同士の関わりが少なくなっているので、異年齢の子どもたちが一緒に過ごすことはとても大切だと考えています。

本園の特徴はどんなところでしょうか?

都市型保育園 ポポラー板橋小豆沢園 園長矢田さんインタビュー

まずは昼食・おやつ・夕食がすべてスタッフの手作りというところです。本部の栄養士が考えたメニューを各園でスタッフが手作りするのですが、やはり既製品や仕出し弁当にはない温かみがあり、人の手で作った味を子どもたちにすぐ食べさせてあげられることが大きな特徴です。子どもにとって「食事」はとても大切な要素で、食べている様子で体調の変化が分かったり、好き嫌いを把握したりすることもできます。私たちが手作りすることで、「嫌いな野菜を型抜きしたら食べてくれたから、お家でもやってみたらどうでしょう」など、保護者の方々とのコミュニケーションのヒントにもなっています。

ベレーザエスコートキッズ今年の5月6日に開催した、日テレ・ベレーザ×都市型保育園ポポラータイアップの
イベント「ポポラーデー」のエスコートキッズの様子。参加した子どもたちは
選手と手を繋ぎ試合会場へ入場するという貴重な経験をすることができました。

また、ポポラーでは、スポーツを通して心身ともに強い子どもに育ってほしいという想いのもと、女子サッカーチーム「日テレ・ベレーザ」、バスケットボールbjリーグ「大阪エヴェッサ」を応援しています。チームの応援デーを設けたり、選手と手を繋いで試合会場へ入場するエスコートキッズ、選手やコーチによる教室を開催したりと、スポーツに親しみを持てるような取り組みもたくさん行っています。園のすぐ近くの「味の素フィールド西が丘」でも、よくベレーザの試合があるんですよ。

ベレーザサッカークリニック日テレ・ベレーザの選手・コーチに直接サッカーを指導してもらうサッカー
クリニックの様子。ミニゲームも行い、子どもたちにとっては忘れられない
貴重な体験となりました。

ポポラー独自の取り組みとして「キッズコムファーム」という場があるそうですが、どのような施設ですか?

キッズコムファーム

ポポラーでは、「子どもたちに本物の経験をさせたい」「自ら考えて行動する場で学んでほしい」「子どもたちを正しく強い子どもに育てたい」という想いから、手つかずの大自然が残る北海道南富良野町の30ヘクタールの広大な土地で、子どもたち自身が開拓・開墾していくプログラムを2013(平成25)年からスタートさせました。20年かけて開拓をし、次の子どもたちにつないでいくという非常に長期的なプロジェクトで、子どもの「今」ではなく「未来」を見据えようという考え方に基づいています。

キッズコムファーム

一見、普通のキャンプ場と同じように見えるかもしれませんが、それとはまったく違い、文字通り「開拓」なんです。本当に何もない土地から、一つひとつの施設を子どもたちを中心に手づくりで作り上げていきます。例えば、2014(平成26)年は夏休みに4班が数珠つなぎで入村し、露天風呂づくりに挑戦。草を刈り、整地した場所に大きな石を100個ほど運んでコンクリートで接着して完成させました。大人は見守り役ですので、鎌で草を刈るのも、鍬で土を掘り起こすのも、ネコ(一輪車)で石を運ぶのもすべて子どもたち。本気で泣き出す子もいるくらい、疲れる大仕事なんです。でも、出来上がったときの子どもたちの嬉しそうな顔といったら…、東京にいたら決して見ることのできない、最高の笑顔でした。

キッズコムファーム

子どもから危険要素を取り除くのは簡単ですが、それでは必要な経験まで排除してしまい、強く・たくましい子どもは絶対に育ちません。大変な思いをすることで、人を助けることを学び、助けられる有難さも学ぶ。5歳児からこのプロジェクトに参加できますが、帰ってきたときに親御さんたちから「とてもたくましくなって見違えた」「普段自分(親)が手を出し過ぎていたと反省させられた」といった声を多く聞きます。

キッズコムファーム

実は、この「キッズコムファーム」には選抜された当社スタッフも1週間ほど研修に行くことがあります。森に行って木を切り倒し、のこぎりで切り分けて斧で大量の薪を作るなど、都会では絶対にできないような経験を数多く体験します。私たちが強くたくましくならなければ、子どもに教えることはできませんし、私たちが協力する大切さを実感していなければ、子どもに伝えることもできません。私たち保育スタッフもこの研修を通して、精神的にも体力的にも鍛えられて、ずいぶんたくましくなったと思います。

日々の保育のなかで、大切にしていることは何ですか?

都市型保育園 ポポラー板橋小豆沢園 園長矢田さんインタビュー

「ポポラーに来たい」「ポポラーなら安心して預けられる」と言っていただけるような、お母さま方の頼れる存在になることを目標にしています。子どもたちのなかには、ご両親よりも長い時間を保育士たちと一緒に過ごす子もいます。ヨチヨチと最初の一歩を踏み出すのも、初めてのトイレが成功するのも、ポポラーだったというお子さんも少なくありません。だからこそ保護者の方々に信頼していただき、子ども自らが「行きたい!」と思えるような保育園になりたい。そんな思いで、スタッフたちは日々取り組んでいます。

小豆沢の街の魅力を教えてください。

赤羽自然観察公園赤羽自然観察公園

私はこの3月まで大阪のポポラーに勤務しており、小豆沢園の開園に合わせて異動となり上京しました。正直に言って、こちらに来るまでは不安も多かったのですが、実際に働いてみると、すぐに気取らない下町の温かさを肌で感じました。すぐ目の前の中学校の子どもたちは、前を通れば園児に声をかけてくれますし、横断歩道を渡るときも車はすぐに止まってくれて、街全体が優しい雰囲気に包まれている感じですね。お子さんを預けにいらっしゃる親御さんたちも、オシャレで知性を感じる方が多いのですが、気さくで話しやすい方ばかりです。新たに引っ越していらした方も、すぐに馴染めるような温かな風土があると思います。

ポポラー板橋小豆沢園 園長矢田先生インタビュー赤羽スポーツの森公園競技場

小豆沢の街は全体に静かで落ち着いていますが、都営三田線の「志村坂上」駅も「本蓮沼」駅も使える便利な街。「味の素フィールド西が丘」や「赤羽スポーツの森公園競技場」、「小豆沢公園」、「赤羽自然観察公園」などの運動施設や緑豊かな公園にも恵まれて、とても住みやすい街だと思います。おかげさまで園児たちが遊びに行く場所に困ることもなく、毎日緑のなかで走り回って遊べるのもこの街の良さですね。

ポポラー板橋小豆沢園5

今回、話を聞いた人

都市型保育園 ポポラー板橋小豆沢園

園長 矢田さん

※2015(平成27)年5月実施の取材にもとづいた内容です。 記載している情報については、今後変わる場合がございます。

子どもたちを正しく強く育てる。 “地域に頼られる保育園”を目指して/都市型保育園 ポポラー板橋小豆沢園 園長 矢田先生
所在地:東京都板橋区小豆沢1-1-16 スカイティアラ・イースト1F
電話番号:03-5916-9010
http://www.rabi-popo.com/popolar/area/ka..