シングル、ディンクスにおすすめの現地チェックポイント

マンション選びには現地チェックはかかせません。利便性を重視して都心型の物件を選択するケースが多い、シングルやディンクスならではの現地見学のチェックポイントとは?

 

シングル&ディンクスは利便性を重視するケースが多い

マンション選びの際、シングルやディンクスの方は部屋の広さ、向き、部屋数といった住戸のスペックよりも、通勤アクセス、最寄り駅からの時間といった「利便性」を優先することが多いようです。平日は仕事で忙しく帰宅時間も遅くなりがちなので、都心に近く利便性のいいマンションを選ぶ傾向が強いということでしょう。現地チェックの際にも、この前提条件を踏まえておくことが大切になります。

 

現地チェックは平日にも! 通勤と帰宅を体験できればベスト

マンションのモデルルームや現場チェックは週末になることがほとんど。しかし、オフィス街や商業地に近い都心型物件の場合は、平日と休日では街の様子がガラリと変わることも珍しくないので、現地チェックは平日にも行うことがおすすめです。

 

特に女性におすすめなのが、駅からの帰り道を普段の帰宅時間帯に歩いてみること。帰宅ルート上で営業しているコンビニやスーパーの様子も分かるので、品揃えや営業時間の確認を兼ねて実際に買い物をしてみるといいでしょう。ルート上の街灯の光や、防犯カメラの有無もチェックしておきましょう。仕事が遅くなって深夜タクシーを利用する可能性のある人は、帰宅ルートと運賃も確認しておきたいところです。

 

また、仕事の時間にあわせて実際に朝の通勤を体験してみることもおすすめです。電車の混雑状況、乗り換えのしやすさなど、通勤の快適度合いが実感できるはずです。

 

休日はマンションの周辺を散策して、じっくりチェック

逆に休日の現地チェックでは、休日にしか分からないことを確認するためにマンション周辺を散策してみましょう。休日の生活を想定して、大型ショッピングセンターやドラッグストア、書店、DVD・CDショップなどの場所をチェックしてみるといいでしょう。カフェやレストランが営業していたなら街の雰囲気を確認できるチャンスです、ぜひ利用してみましょう、

 

ディンクスであれば、将来の子育てのことも考えて、休日の公園へ出かけてみてください。子ども連れが多いのか、それともペットを飼っている人が多いかなど、公園を利用する人たちの様子をみていると、近隣の人たちの家族構成や年齢層、ライフスタイルが自分たちに近いかどうかも分かってくるはずです。

 

貴重な現地チェックの時間です、五感と想像力を働かせて、周辺環境の善し悪しを見極めるようにしてみてください。

 






PAGE
TOP