50代からのゆったり家さがしマニュアル

子育てもひと段落し、仕事面でもゴール地点が見えてくるのが50代。充実した第2の人生を過ごすためにも、改めて考えたいのが住まいのことです。終の住処を見つけるためのポイントを解説します。

実は夫婦にズレが生じやすい世代?

50代ともなると子育てもひと段落、住宅ローンの完済時期も見えるなど、自分たちの老後生活について思いを巡らせる時期です。若いうちに購入した人であれば、年月とともに住まいに不自由な点も出てきていることでしょう。そこで、持ち家をリフォームして生活するのか、売却などして住み替えるのか、もしくは新たに購入するのかといった悩みがでてきます。

50代でまず大切なのが、夫婦でよく話し合うこと。住まい選びは相手とよく話し合い、優先順位付けをする作業です。50代となり長く一緒に暮らしていると、「このくらいはわかっているはず」という思い込みが発生しがちですが、意外と相手の意思や価値観とズレていたりするものです。ですから、都会で生活したいのか、田舎暮らしがしたいのか、馴染みのある地域がよいのか、それとも子どもたちの近くで生活するのか、「当たり前」「同意見のはず」と思っていることも、改めて確認しておくことが大切なのです。

高齢者施設と連携したマンションも登場

そして、50代のうちで視野にいれておきたいのが、年齢にともなう肉体的な衰えです。現在は元気でも、年々体力は落ちていくもの。ですから、現在の住まいにこだわることなく、駅から近く、何かと利便性の高い住まい(できたら室内バリアフリーの徹底している)に引っ越すのもよいでしょう。現在の家に住み続けるようであれば、元気なうちに適切なリフォームをしておきたいもの。また、最近は高齢者向け施設と連携した分譲マンションなども登場しています。こうした物件なら有料老人ホームが隣接し、介護相談や訪問診療などを受けられることも。長く安心して暮らし続けるためにも、こうしたマンションに住み替えるのも、賢い選択といえそうです。






PAGE
TOP