持ち家を有効に活用するリバースモーゲージとは?

年金だけでは老後の生活資金に不安がある、という人は「リバースモーゲージ」を活用する方法があります。自宅不動産の資産価値を活用するリバースモーゲージにはどんな特徴があるのでしょうか。

自宅を担保にしてお金を借りる、基本は一戸建てが対象

マイホームとして所有している不動産を担保にして金融機関と融資契約を結び、借入金を年金のようにして生活資金に充てる、というのがリバースモーゲージの基本的な考え方です。通常の住宅ローンは時間と共に返済を重ねることで借入金が減っていくのに対し、リバースモーゲージは時間が経つに従って借入残高が増えていくことから、リバース=逆、モーゲージ=抵当と呼ばれます。借入金の返済は死亡時に一括返済という形態が多いようです。自宅を手放すことなく住み続けることができ、生活資金という使い方以外にも、契約形態によってはリフォーム資金やセカンドハウスの購入資金にも利用できるというメリットがあります。

注意点はすべての不動産が対象ではないということ。例えば、築年数の古い中古マンションなどは不動産評価が低く融資が難しいのが現実。リバースモーゲージの融資対象となるのは、ほとんどの場合一戸建てで、土地に対しての不動産評価になるケースが多いのです。また、最終的には売却による融資返済を前提としているので、不動産を子どもなどに相続することはできなくなります。

借り方と返し方にもバリエーションがある

融資金額は不動産の評価額などを基に各金融機関が査定して決め、その金額に基づいて借り入れを分割または一括で借りることになります。生活資金を想定するなら分割で年金のように受け取る方法が向いています。リフォームや別の不動産購入などのためにまとまったお金が必要な場合は、契約時に一括で借りることもできます。今すぐに必要ではないけれど、現金が必要な時に備えておきたい、という人には限度額内であれば随時借入ができる極度額タイプと呼ばれる融資方法もあります。

返済方法には元本と利息をあわせて契約終了時(死亡時)に一括返済する方法と、利息だけ毎月支払い、元本は契約終了時(死亡時)に返済する方法があります。返済方式によって借り入れできる金額も変わってきますので、それぞれのメリットとデメリットを理解して、金融機関とも相談したうえで自分にあった方法を選ぶといいでしょう。いずれにしても、まだまだなじみのない金融商品なので、将来に備えて今からじっくりと研究しておく姿勢が大切になりそうです。