BEYOND 2020 首都圏 未来予想図 これから東京・首都圏はこう変わる~再開発・関連施設情報~
image_children

JR山手線、「品川新駅(仮称)」の詳細固まる。2020年に暫定開業へ

2016年11月4日

「品川」駅〜「田町」駅間、山手線30番目の新駅は2020年春に暫定開業

これまでもお伝えしていたJR山手線・品川〜田町間の品川新駅(仮称)計画だが、2016(平成28)年9月6日に東日本旅客鉄道株式会社から発表が行われ、新駅駅舎の概要など具体的な計画が明らかになってきた。

「品川新駅(仮称)」は「田町」駅から約1.3km、「品川」駅から約0.9kmの位置に設置され、京浜東北線とあわせて2面4線のホームが作られる計画だ。2020年春には暫定開業を予定しており、プロジェクト全体の街びらきは2024年を目指している。

隈研吾氏のデザインによる新駅の駅舎は、折り紙をモチーフとした大屋根に、障子をイメージさせる「膜」や「木」の素材を活用。モダンなイメージの中にも「和」を感じさせる空間となる計画だ。

品川新駅外観イメージ図(折り紙をモチーフとした大屋根)
画像出典:東日本旅客鉄道株式会社プレスリリース

品川新駅のデザイン街区側外観イメージ図(「えき」と「まち」を見通せる大きなガラス面)
画像出典:東日本旅客鉄道株式会社プレスリリース

品川周辺が持つ交通結節点としての重要度がますますアップ!

新駅の西側、国道15号と線路の間に出現する広大な空間では、「グローバルゲートウェイ品川」を目指す品川開発プロジェクトが進められている。「世界中から先進的な企業と人材が集い、多様な交流から新たなビジネス・文化が生まれるまちづくり」を目指すプロジェクトにおいて、「品川新駅(仮称)」は国際交流拠点となる新しい街の中核施設として位置づけられている。新駅舎には南北2ヶ所の改札口が設けられるほか、「えき」と「まち」それぞれが見通せるような大きなガラス面を設けることで、駅と街を一体的な空間としてとらえる「エキマチ一体」の実現を目指している。

品川新駅の内観街区側外観イメージ図(「えき」と「まち」をつなぐ大きな吹き抜け空間)
画像出典:東日本旅客鉄道株式会社プレスリリース

品川新駅の周辺地図「品川新駅(仮称)」の周辺図
画像出典:東日本旅客鉄道株式会社プレスリリース

「品川」駅ではリニア中央新幹線の新駅計画が動きだし、羽田空港アクセルルートの整備プランも検討が進もうとしているなど、品川周辺は陸海空の交通の要衝としてますます重要度を増そうとしている。その交通結節点に隣接する13haもの用地がどう生まれ変わるのか、道路整備、空港やリニアとの連携の仕方も含めて大きな注目を浴びているのだ。

——————————————————-
■参考■
東日本旅客鉄道株式会社プレスリリース
品川開発プロジェクトにおける品川新駅(仮称)の概要について

■開発種別:新線・新駅
■エリア:東京都・品川〜田町間
■完成時期:2020年(予定)
■事業主体:東日本旅客鉄道株式会社