BEYOND 2020 首都圏 未来予想図 これから東京・首都圏はこう変わる~再開発・関連施設情報~
image_children

JR&京急「川崎」駅で再整備が進行中、ますます利便性がアップ

2014年5月26日

JR「川崎」駅では北口自由通路の整備が進行中、エキナカ商業施設も開業へ

JR川崎駅北口自由通路等整備事業「JR川崎駅北口自由通路等整備事業」整備イメージ図
提供:京急電鉄
※画像クリックで拡大

JR「川崎」駅周辺では再開発が進み「ラゾーナ川崎」などの大規模商業施設も完成、多くの人で賑わうステーションとして発展しているが、現在の東西自由通路の混雑を解消して回遊性を高めるために、駅の北口に自由通路と新たな改札を設置する工事がスタートしている。2017(平成29)年度に完成が予定されているこの計画では、新設される北改札と既存の東西自由通路までが一体化されホームを覆うように駅舎が建設され、駅舎内には大規模なエキナカ商業施設も設置される予定だ。あわせて現状の東西通路には「中央北改札」も新設されるので駅構内での利便性も大きく向上しそうだ。

京急「川崎」駅でも再開発計画がスタート、ショッピング施設&ホテルが誕生

JR&京急「川崎」駅で再整備が進行中、ますます利便性がアップ京急川崎駅ビルイメージ(実際の計画と異なる場合があります。)
提供:京急電鉄

一方、京急「川崎」駅でも新しく駅ビルの建設がスタート。大師線のホーム上空に人工地盤を設置して商業施設やホテルを建設する計画で、2015(平成27)年度の開業を予定している。羽田空港国際線ターミナルへは13分と空港アクセスも便利な京急「川崎」駅の特性を活かし、駅直結のビジネスホテル「京急EXイン」の展開が予定されているようで、川崎市内だけでなく横浜方面などへの出張者にも使い勝手が良さそうな立地だ。

すでに京急「川崎」駅からはJR「川崎」駅方面への歩行者専用道路も整備され、相互の連携が強化されつつあるが、上記の北口自由通路整備が完成すればJRと京急、ふたつの「川崎」駅を回遊するような新しい人の流れが生み出されそうだ。

 

—————————————-

■参考

川崎市 川崎駅北口自由通路等整備事業
kitaguti_pamphlet.pdf
京急電鉄 リリース資料
http://www.keikyu.co.jp/company/20130312.pdf
京急電鉄 豊かで住みやすい沿線づくり~川崎エリアの取り組み~
http://www.keikyu.co.jp/group/topics/04.html

■開発種別:大規模施設、駅再開発
■エリア:川崎市、川崎駅周辺
■完成時期:~2017年度年(JR)、~2015年度(京急)
■事業主体:川崎市、京急電鉄、JR東日本ほか