BEYOND 2020 首都圏 未来予想図 これから東京・首都圏はこう変わる~再開発・関連施設情報~
image_children
199025_gaikan_re

7月27日『東京ガーデンテラス紀尾井町』がいよいよグランドオープン!

2016年7月27日

「品と格と未来と」をコンセプトに、街の記憶を未来へ 「東京ガーデンテラス紀尾井町」は、地上36階、地下2階建て、オフィス・ホテル・商業施設・カンファレンスを備える「紀尾井タワー」と、地上21階、地下2階の135戸の賃貸住…

東京ガーデンテラス外観イメージ

紀尾井町を変える一大プロジェクト『東京ガーデンテラス紀尾井町』がロゴ発表

2015年10月14日

ロゴで繋がる江戸と現在、そして未来 徳川家の三つ葉葵の紋をモチーフにしたロゴデザイン 2015(平成27)年9月16日、西武ホールディングスはグランドプリンスホテル赤坂跡地に誕生する「東京ガーデンテラス紀尾井町」の施設ロ…

20140605_01

海老名駅周辺が改造中、2015年には駅前に「ららぽーと」が誕生

2014年6月25日

「ららぽーと海老名(仮称)」が2015年秋開業にむけて工事をスタート ららぽーと海老名(仮称)完成予想図出典:三井不動産 リリース資料 「海老名」駅は小田急小田原線、相模鉄道本線、JR相模線の3本の鉄道が交わる神奈川県県…

住みたい街ランキングでも人気、武蔵小杉の再開発は北側へ進む

2014年5月13日

JR横須賀線の新駅開業も大きなサポート、抜群のアクセスを誇る人気エリアに 2014(平成26)年4月19日にオープンした「三井ショッピングパーク ららテラス武蔵小杉」 21世紀に入り、大きく街の姿を変えたのが「武蔵小杉」…

新宿駅南口が「交通結節点」に!東西通路も新設され利便性アップ

2014年4月24日

南口には線路をまたぐ人工地盤がつくられ、交通の「結節点」がつくられる 世界でも最大級の乗降客数を誇る新宿駅が、大きく変貌しようとしている。JR「新宿」駅南口、甲州街道を挟んだ線路上のエリアでは長期間にわたって大規模な工事…

銀座から臨海部を結ぶ
バス高速輸送システム「BRT計画」

2014年3月5日

臨海部の人口増加と、オリンピック需要にも対応するBRT計画 東京都中央区は銀座などの都心部と、勝どきや晴海などの臨海部を結ぶ新交通システムの導入を検討している。臨海部の大規模開発やタワーマンションの急増による人口増加によ…

千葉駅の駅舎本体と周辺エリアの再開発により、利便性が大幅アップ

2013年11月14日

千葉駅西口直結の再開発ビル「WESTRIO(ウェストリオ)」が完成 JR「千葉」駅と周辺リアが大きく生まれ変わろうとしている。まず「千葉」駅西口地区市街地再開発事業は東口に一極集中している交通機能分散をはかり、臨海地区へ…

「さいたま新都心」に新たな医療拠点の建設計画がスタート

2013年11月14日

いくつかの計画変更によって、新たに医療拠点の設置計画が決まった さいたま新都心は首都圏機能の一翼を担う業務核都市として、JR大宮操車場跡地に開発された再開発事業エリアで、「さいたまスーパーアリーナ」や、「けやきひろば」、…

大学キャンパスを核にした新しい街づくりが進む葛飾区新宿6丁目

2013年11月14日

広大な製紙工場跡地を活用、学園都市として再生が進む かつて葛飾区新宿(にいじゅく)にあった三菱製紙中川工場の跡地を中心にして、新宿(にいじゅく)6丁目周辺が大規模に都市開発され、新たな「学園都市」が生まれようとしている。…

20-02wanganarea_R

2014年度完成へ向け、新中央卸売市場の建設が進む豊洲地区

2013年11月11日

湾岸エリアでも人気のスポットだが、まだまだ街づくりは進行中 豊洲地区は古くは江戸時代から埋め立てが行われた土地で、石川島播磨重工業などの工業用地として利用され、その後は流通施設なども設けられていたが最近では区画整理&再開…

オリンピック競技会場の建設も予定され、
注目度が高まる有明北地区

2013年11月11日

臨海副都心開発の主要エリア、開発のスピードアップに期待 臨海部に位置する有明地区はオリンピック・パラリンピック開催決定によって注目度が非常に高まっているエリアだ。埋め立てによって造成されたこの地区は、東京都が推進している…

012-03-1_R

首都圏の交通ネットワークを大きく変える
「3環状道路」

2013年11月8日

首都圏の交通ネットワークを大きく変える「3環状道路」 中央環状品川線計画図(資料:首都高速道路株式会社) 首都圏の高速道路網は東名、中央、関越、東北、常磐道など放射状に伸びる道路が先行して整備されたが、それぞれをネットワ…