BEYOND 2020 首都圏 未来予想図 これから東京・首都圏はこう変わる~再開発・関連施設情報~
image_children
02

豊洲市場の「千客万来施設」2020年10月着工、2022年12月完成予定

2018年9月13日

豊洲市場の「千客万来施設」整備スケジュールが決定 2018(平成30)年10月に開場する「豊洲市場」にはにぎわい創出のため「千客万来施設」と名付けられた集客施設も整備されることになっている。「千客万来施設」の事業予定者と…

houkokusho

東京臨海部のアクセス改善にむけ、地下鉄新線構想が浮上

2015年12月16日

増加する臨海部の交通需要を満たすための新しい地下鉄構想 東京オリンピック・パラリンピック関連施設の建設が予定される東京都心・臨海地域は、国家戦略特区やアジアヘッドクォーター特区にも指定されている注目度の高いエリア。民間開…

20-02wanganarea_R

2014年度完成へ向け、新中央卸売市場の建設が進む豊洲地区

2013年11月11日

湾岸エリアでも人気のスポットだが、まだまだ街づくりは進行中 豊洲地区は古くは江戸時代から埋め立てが行われた土地で、石川島播磨重工業などの工業用地として利用され、その後は流通施設なども設けられていたが最近では区画整理&再開…

オリンピック競技会場の建設も予定され、
注目度が高まる有明北地区

2013年11月11日

臨海副都心開発の主要エリア、開発のスピードアップに期待 臨海部に位置する有明地区はオリンピック・パラリンピック開催決定によって注目度が非常に高まっているエリアだ。埋め立てによって造成されたこの地区は、東京都が推進している…