ユニバーサルデザイン

子どもから高齢者まで、だれにでも使いやすく、住みやすいように製品や住宅、空間の形や色、操作性などをデザインすること。高齢者や障害者にとっての使いやすさを目指すバリアフリーよりも広い概念とされる。