印紙税

売買契約や住宅ローンの契約(金銭消費貸借契約)の際に、契約書に印紙を貼ることで納税する税金。契約書の記載金額に応じて税額が決まり、記載金額が1000万円超5000万円以下の場合の税額は売買契約で1万5000円、金銭消費貸借契約で2万円。