既存不適格

家を建てた後で建築法規が改正されたために、その土地に同じ大きさの家が建てられなくなった物件のこと。建ぺい率や容積率がオーバーしているケースが多く、建て替えると既存の家よりも小さな家しか建てられないことになる。まったく家が建てられなくなった土地は「再建築不可」と言う。