助川城跡公園

日立市助川には、かつて「助川海防城」という総面積20余万坪の城があった。水戸藩第9代藩主・徳川斉昭が、常陸沖に出没する外国船の侵入に備えて築いたものだが、幕末の内乱で城は焼失。公園はその跡地につくられた。高台にあるため太平洋が一望でき、春には梅や桜の花が人々の目を楽しませている。 城の名残をしのばせるものは、公園右手にある家臣子弟の教育施設であった養正館跡、左手奥に本丸跡、遠見番所跡など。しいの木 .....


PAGE
TOP