小張愛宕神社

小張愛宕神社
小張愛宕神社

つくばみらい市には古くから、火難を祓い五穀豊穰を祈る神事『伊奈の綱火』が伝わる。国の重要無形民俗文化財であるこの神事には、小張松下流綱火と高岡流綱火の二つの流派が存在し、そのひとつである「小張松下流綱火」は、「小張愛宕神社」で行われる。空中に張った綱の上で人形や船などを操り、花火に点火する点は両流共通だが、松下流はストーリー性に重きを置くと言われる。「三本綱からくり花火」とも呼ばれる小張愛宕神社の神事は、毎年8月下旬に例大祭のなかで披露される。

小張愛宕神社
所在地:茨城県つくばみらい市小張3235 



PAGE
TOP