LA COCORICO(ラ ココリコ) 浦和

「浦和」駅西口から徒歩すぐ、「伊勢丹 浦和店」の近くにある「LA COCORICO(ラ ココリコ) 浦和」。イタリア料理店のような佇まいで、いつでも多くの女性客でにぎわっているこの店は、実は「ロティサリーチキン」というローストチキンの専門店である。「LA COCORICO」は都内と横浜に6店舗を直営店で展開しており、浦和店は埼玉県初進出店として、2014(平成26)年にオープンした最新の店である。

「ロティサリーチキン」とは、「ロティサリーマシン」という専用のオーブンで焼いたローストチキンの一種のこと。通常のローストマシンに比べて低音でじっくり、ぐるぐると回転させながら一度に多く焼き上げるのが特徴で、時間がかかる分、外はパリっと、中はふっくらと焼き上がり、上の鶏から下の鶏へ脂が滴り落ちるので、鶏の旨味もしっかり逃さない。ここ「LA COCORICO 浦和」はそんなロティサリーチキンを看板料理にしつつ、イタリアンを基調にした欧風料理も幅広く提供している。

店内に入ると、その広さにまず驚かされる。テーブル席、カウンター席、個室席とさまざまな形があり、合計席数は74席。駅から徒歩3分のビルの1階に構える店舗としては格別に広い。天井が高いためさらに広く感じられ、居心地の良さは抜群だ。スタッフの対応も物腰柔らかで、「ロティサリーチキンって何?」という人にも一から丁寧に説明をしてくれる。会計を終えるとドアを開け、外まで見送りに来てくれる。そんなホスピタリティの高さも魅力のひとつであろう。

「LA COCORICO 浦和」のロティサリーチキンに使っているのは、鳥取県の銘柄鶏「大山鶏(だいせんどり)」。これは大山の山麓で生産されている鶏で、平飼いの鶏舎で専用飼料を与えながら長い期間肥育しているため、通常のブロイラーに比べて大ぶりでほどく締まった肉質と、濃厚な旨味が特長。料亭や割烹等でも多く採用されている高級鶏のひとつだ。その高級鶏をを贅沢に半身、一羽と使いながら、千円台からというリーズナブルな価格で提供しているのが、この店の人気の理由のひとつだ。写真は「ロティサリーチキンハーフ」(1,450円)。「フル」はその倍の値段になるが、大山鶏をこの値段で味わえるのは有り難い。

味付けはシンプルに塩のみ。他店ではハーブなどで香りづけを行う場合も多いが、「LA COCORICO 浦和」では「大山鶏独特の香りと旨味を楽しんでほしいから」と、敢えて塩以外の調味料は後付けにしている。焼きたてのチキンがテーブルに届いたら、ザックリと大胆にナイフを入れて、まずはそのままで味わってみてほしい。薄い塩味の向こうに、ほんのりと香る鶏の香りが堪能できるはずだ。それから先は、特製のソースや塩コショーを絡めて、好き好きに楽しんでも良い。

「焼鳥とビール」を、「ロティサリーチキンとベルギービール」という風にちょっとオシャレにして、女性に来てもらえる店にしたかった、というのが創業者の狙いだったそうだが、今はその狙いは見事に当たり、訪れるお客さんは昼も夜も8割方が女性客。しかも若い年代の女性が多くを占めているという。お酒は生でも瓶でも楽しめるベルギービール各種と、イタリアを中心に揃えられている種類豊富なワインが二本柱。それ以外にカクテルやウイスキーなども幅広く扱っており、バル感覚で楽しめるので、「居酒屋や焼き鳥屋はちょっと入りにくくて…」という女性には嬉しい存在だ。

ディナーは基本的にアラカルトでオーダーする人が多く、お酒を含んだ平均予算は3,500円から4,000円ほど。4,500円からのコース料理も設定されているので、歓送迎会などのミニパーティーや、女子会、合コンなどでも使いやすいだろう。週末になると結婚式の二次会でもよく利用されているそうだ。

チキン以外のフードメニューも、オシャレな見た目かつ、リーズナブルな価格のものが揃う。定番人気のバーニャカウダは、朝採れ野菜をたっぷり盛り込みつつ、500円というワンコイン価格。その他にも、前菜の数々やパスタ、ピザ、サラダ、マリネ、チーズ、生ハム、キッシュ、フォカッチャ、ジェラート、ティラミスなど、女性が喜びそうな品々が名を連ねている。

ランチタイムにはさらにリーズナブルなワンプレートランチが登場し、4分の1サイズのロティサリーチキンに前菜、パン、デザート、ドリンクが付いて1,200円。ハーフサイズでも1,500円とかなりリーズナブルなので、さっと気軽に食べたい人はランチタイムもお薦めだ。ランチとディナーの合間にはティータイムの設定もあり、コーヒー1杯だけでも利用できる。予約は特に必要ないが、ディナータイムは混み合い、また貸切の日も多いので、席の予約だけでも入れて訪れたい。

個人的なランチからちょっとした会食、立ち飲み的利用、最大70人程度のパーティーまで、幅広く対応してくれる「LA COCORICO浦和」。駅前すぐの繁華街にある、美味しくて安くて、オシャレな雰囲気で非日常感を楽しめるこの店は、開店からわずか1年足らずで多くの浦和の人々を虜にしている。とはいえカジュアルで入りやすい雰囲気の店なので、会社帰りの“ちょっと一飲み”や、休日の“ちょっと贅沢ランチ”などにも、気軽に活用してみてほしい店である。

LA COCORICO(ラ ココリコ) 浦和
所在地:埼玉県さいたま市浦和区仲町1-2-3 
電話番号:048-814-0351
営業時間:11:00~23:30(L.O.22:30)
定休日:無休
http://www.la-cocorico.jp/





PAGE
TOP