十二日まち

浦和区の一年は、「浦和」駅西口にある調(しらべ)神社の境内を中心にして開かれる「十二日まち」で終わり、始まる。「じゅうにんちまち」と呼ばれるこのイベントは、明治時代から続く「歳の市(年の暮れに新年の飾り物や正月用品など年末年始の品を売る市)」で、その名のとおり毎年12月12日に開催される。一般的な「酉の市」にあたるが、規模が大きく、境内と旧中山道沿いには「福」をかっこむ「かっこめ(ミニ熊手)」を用 .....


PAGE
TOP