大谷場氷川神社

大谷場氷川神社
大谷場氷川神社

「大谷場氷川神社」は、この辺り一帯の鎮守様。別名「雉の氷川様」は、神社のある辺りに畑が一面に広がっていた頃、社に雉が住み着いており、社殿に入ると雉が飛び出してきたと言われることから。雉は氷川様のお使いとされ、いつしか雉は大谷場氷川神社の鳥になった。狛犬ならぬ狛雉の石象に護られた本殿は、江戸時代初期に建造されたもので、市の有形文化財に指定されている。創立年代も分からないほどはるか昔から、南浦和の地を守る神社である。

大谷場氷川神社
所在地:埼玉県さいたま市南区南本町1-9-1 
https://www.city.saitama.jp/004/005/006/..

さいたま市南区のitot




PAGE
TOP