埼玉大学教育学部附属中学校

埼玉大学教育学部附属中学校
埼玉大学教育学部附属中学校

1947年に「埼玉師範学校附属中学校」として開校し、1951年に「埼玉大学教育学部附属中学校」と改称。1955年には現在の場所に移転して今日に至っている。

同校は「埼玉大学教育学部」の附属中学校として、大学との連携を図りつつ、教育の理論と実践に関する研究と教育学部生の実習を使命としている。「正しい判断力とたくましい実践力をもった自主的人間の形成」を教育目標に掲げ、日々の教育諸活動に取り組んでいる。2009年3月の生徒数は176名。各学年は4クラス編成となっており、その中には附属小学校からの連絡進学生徒や、受検によって進学した生徒ばかりでなく、帰国子女生徒も在籍しており、帰国子女生徒のみの学級を特設しない「混入方式」を採用している。

同校の特長として挙げられるのは、充実した構内施設である。200mトラックやサッカーゴール、バックネット2面、テニスコート3面、バレーボール2面、バスケットボール1面が設けられている運動場。そして、156畳を敷き詰めた、武道場「鳳翔館」、25メートルプール。さらには、技術・家庭科「情報基礎」の授業、各選択教科の授業、総合的な学習の時間などで活用している「コンピュータ室」は、生徒用コンピュータ48台、持ち運び可能な移動用コンピュータを30台完備。また、30,000冊を超える蔵書を持つ「図書館」や「マルチメディアLL教室」など、生徒の興味や知識吸収への意欲に応えられるに足る環境が十分に整備されている。

埼玉大学教育学部附属中学校
所在地:埼玉県さいたま市南区別所4-2-5 
電話番号:048-862-2214
http://www.jhs.saitama-u.ac.jp/



PAGE
TOP