The old man’s Cafe 浦和美園店

「The old man's Cafe. 浦和美園店」
「The old man's Cafe. 浦和美園店」

「浦和美園」駅から歩いて10分弱。越谷浦和バイパス沿いにあるカフェ「The old man’s Cafe. 浦和美園店」。「The old man’s Cafe.」は2018(平成30)年12月までは千葉市中央区で営業していた人気店だが、縁があり2019(平成31)年4月、この地に移転してきた。

看板メニューの「オールドマンズバーガー」
看板メニューの「オールドマンズバーガー」

店の看板メニューは、店名と同じ名前の付いた「オールドマンズバーガー」。分厚いビーフ100%のパテ、厚くスライスしたチーズと甘焼きオニオン、1個丸ごとの赤パプリカマリネが高々と積まれている。これらを挟むのはしっかりと焼き上げた歯ごたえのあるバンズ。この高さは「上から下まで全ての具材を一口で」、とは行かないのだが、それぞれの具材をじっくりと味わいながらいただきたい。

ボリューム満点のお弁当
ボリューム満点のお弁当

そのほかにも「The old man’s Cafe. 浦和美園店」の特徴はガッツリ系の肉料理だろう。豚バラステーキ、からあげ、牛バラ炒めなど。どれをとってもたっぷりと詰まったお弁当やカレーは、ボリューム満点。また、千葉時代からの人気商品にクリームパンがある。ふわふわのパンにミルクの風味たっぷりのクリームが入っている。こちらではそれがさらにパワーアップして、「きなこくろみつあげクリームパン」が登場。クリームは変わらずで、揚げたパンはモチモチ。そこにきな粉がまぶされ、黒蜜がトッピングされたオーナーもおすすめのスイーツだ。

コーヒーも味わい深い
コーヒーも味わい深い

そのほかにも、ローストポーク&ボロニアソーセージをグリルし厚くスライスしてパンに挟んだシンプルなサンド「ニューオールドマンズサンド」、麺にこだわってさらに美味しくなった「本氣やきそば」など気になるメニューはいっぱい。また、珈琲豆屋さんとしても訪れやすい。オリジナルブレンドはもちろん、マンデリンやエチオピアといったストレート珈琲、深煎りモカなど煎り方も調整した珈琲豆が並ぶ。どれにしようか迷う場合は試飲も可能だ。

店の前には自転車置き場もあり
店の前には自転車置き場もあり

店はマンションの1階。前面ガラスには大きなハンバーガーの絵が描かれているのですぐにそことわかる。駐車場は店の裏側に広々と用意されているので、車で訪れても大丈夫。ゆっくりと舌鼓を打ちながら、有意義な時間を過ごすことができるだろう。

The old man’s Cafe 浦和美園店
所在地:埼玉県さいたま市岩槻区美園東1-5-1 
電話番号:048-797-7579
営業時間:11:00〜14:00(土・日曜日は15:00まで)
定休日:月曜日
https://www.facebook.com/theoldmanscafe…

さいたま市岩槻区のitot




PAGE
TOP