三芳野神社

三芳野神社
三芳野神社

「三芳野神社」は川越駅から北におよそ2kmの場所にある、川越を代表する神社の一つ。江戸時代初期の1624年に、川越城の鎮守として城主の酒井忠勝によって現在の社殿が造営されたと言われる。

社殿には「権現造」という建築様式が取り入れられている。権現造とは、主に日光東照宮など徳川家ゆかりの神社に取り入れられた様式のこと。三芳野神社も三代将軍・徳川家光によって命ぜられて造営したと言われており、徳川の威風を表した建物といえるだろう。

現在は埼玉県指定文化財に指定され、川越の街の鎮守様として親しまれている。またわらべ唄「とおりゃんせ」の発祥の地とも言われている。

三芳野神社
所在地:埼玉県川越市郭町2-25-11 
http://www.city.kawagoe.saitama.jp/welco..





PAGE
TOP