仙波河岸史跡公園

かつてこの地域にあった「仙波河岸」の歴史、史跡を保存するために2004(平成16)年に開園した、緑豊かな自然あふれる公園。 まだ電車や車がなかった江戸時代末期から昭和初頭にかけて、江戸と川越の間で物資を運ぶため、この地域では船が使用されていた。これは「新河岸川舟運」と呼ばれている。 「仙波河岸」は、新河岸川の中でももっとも新しい河岸場であり、1846(弘化3)年に仙波東照宮と三芳野天神の修理のため .....


PAGE
TOP