見沼代用水東縁(鳩ヶ谷付近)

見沼代用水東縁(鳩ヶ谷付近)
見沼代用水東縁(鳩ヶ谷付近)

江戸時代の1728(享保13)年に幕府の役人・井沢弥惣兵衛為永が新田開発のために武蔵国で普請した灌漑農業用水である、「見沼代用水」。その東縁は、埼玉県上尾市にある西縁との分水点からさいたま市、川口市などを経て東京都足立区舎人にある舎人堰水門まで流れる用水路である。

鳩ヶ谷エリア一帯の見沼代用水東縁は周辺が豊かな木々に囲まれた環境にあり、その沿道は遊歩道として近隣の人たちから親しまれている。

見沼代用水東縁(鳩ヶ谷付近)
所在地:埼玉県川口市坂下町1、2ほか 

川口市のitot




PAGE
TOP