あさひ山展望公園

園内には緑あふれる自然が息づいている
園内には緑あふれる自然が息づいている

西武池袋線「飯能」駅からバスで約5分、「美杉台ニュータウン」の停留所から徒歩5分のところにある、豊かな自然あふれる「あさひ山展望公園」。周辺には、西武バスの飯能営業所、中学校、そして閑静な住宅街があり、静かで落ち着いた、地元住民の憩いの場となっている。開園は2011(平成23)年春とまだ比較的新しいが、もとは朝日山を残すことを目的に計画され、構想段階の歳月を入れると約20年という長い時間をかけて完成した。

公園全体は、地形を活かしたなだらかな斜面になっており、メインとサブのエントランスからは山頂までのびた100段以上ある2つの階段と、ウォーキングに最適な400mほどのスロープ園路が続いている。園路の途中には、あずま屋や、地元の西川材を使ったトイレなどもあり、休憩をしながら公園をめぐることができる配慮が随所に感じられる。そのため、頂上までゆっくりと自分のペースでウォーキングを楽しむ人や、友だち同士でランニングをする中学生の姿など、来園者それぞれが自分流の楽しみ方をする姿が多く見られる。

自然に囲まれながらウォーキングを楽しむことができる
自然に囲まれながらウォーキングを楽しむことができる

また、頂上には展望広場があり、公園づくりに参加した「飯能市立美杉台中学校」の生徒たちが作った木製ベンチや、六方石を用いた日時計が置かれ、ゆっくりと景観を楽しめる空間が広がっている。

標高200mの展望広場にある日時計とベンチ
標高200mの展望広場にある日時計とベンチ

山頂から見えるのは飯能市街、そして天気の良い時には「東京スカイツリー」や富士山なども見ることができる。また、方角ごとに望める遠方の山々の名前が刻まれた石が置いてあり、こちらも見通しの良い晴れた日には実際にその山を見ることもできるそう。

広々とした空の下、市街地を一望できる
広々とした空の下、市街地を一望できる

展望広場の奥には、大河原へのハイキングルートへとつながる散策道があり、その散策口には西川材で作った休憩舎が建てられている。公園でのウォーキングにとどまらず、飯能の自然を体感できる森林浴も楽しみたい人には、さらに散策道へ進むのがおすすめだ。

山の散策道入口にある休憩舎
山の散策道入口にある休憩舎

木々に覆われていない抜群の展望の良さから、公園は夜景スポットとしても人気があり、ファミリーだけではなくカップルなども多く訪れる。身近ながらも重宝したい、街のベストスポットのひとつとしてぜひ覚えておきたい場所である。

あさひ山展望公園
所在地:埼玉県飯能市美杉台5-5 
https://www.city.hanno.lg.jp/facility/de..



PAGE
TOP