割烹 楓

「この店に行けば、なんでも食べることができる」と、地元ではよく知られている「楓」。店名には「割烹」とあるが、「お好み焼き」「鉄板焼き」「和洋中華」など、メニューはなんでも揃っている。

割烹 楓
割烹 楓

宴会で利用する地元客も多く、法事、慶事での親戚の集まりといえば、まず「割烹 楓」の名が挙がるというほどの定番の店である。

驚くべきはメニューの豊富さだ。定食だけでもざっと30種類(580円~1,500円)あり、レディースセットはパスタ+サラダ+ケーキ+ドリンクで850円。麺類はラーメン各種からうどん、ざる蕎麦、焼きそば、焼きうどんまであり、丼物は5種、カレー各種、そのほか、つまみ向けの単品メニューは数え切れない。看板にあった「鉄板焼き」とは、焼肉をはじめ、イカやホタテや焼きそばなど、なんでも鉄板で焼く料理のことを指し、これはこのあたり独特の文化である。10種類ほどあるお好み焼きも鉄板焼きの一種なのかもしれないが、価格は一人前400円からと驚くほど安い。

割烹 楓
割烹 楓

さて、これほどのメニューがある食事処だけに、その食材のほどが気になるところ。写真は最も高い定食「楓御膳」(1,500円)で、築地直送の刺身盛りとエビフライ、ヒレカツ、角煮、焼魚(鰻)、珍味(たこわさ)、フルーツ、ご飯、味噌汁がセットになっている。内容は仕入れ状況や季節で若干変わるが、刺身の食感などは魚河岸で食べるものとさして変わらず、しっかりとした素材が使われていることに驚く。ご飯の美味しさも特筆に価するが、これはコシヒカリを玄米で仕入れ、使う分だけ精米しているためだという。

1 2 




PAGE
TOP