蒲生の一里塚

蒲生の一里塚
蒲生の一里塚

江戸の旅人は、道路標識の代わりに、道一里ごとに築かれた一里塚を見て、旅程の目標としていた。塚には木が茂り、疲れた旅人に休憩のための木陰を提供する憩いの場でもあった。

都市化が進んだ今、一里塚の多くは消えてしまったそうだが、旧日光街道沿いには今も残る塚がある。「蒲生の一里塚」もそのひとつ。綾瀬川に沿った地にあり、高さ2メートル、四方6~7mの長方形で、もともとあった塚の東側のみが残っている。埼玉県内の日光街道沿いに残る唯一の一里塚として大切に保存されている。

蒲生の一里塚
所在地:埼玉県越谷市蒲生愛宕町876 
http://www.ii-net.jp/kankou/kosigaya_sis..





PAGE
TOP