越谷駅

大正時代に開業して以来、越谷市の中核駅として多くの人に利用されている、東武伊勢崎線の急行・区間急行停車駅「越谷」駅。当初は隣の「北越谷」駅が「越ケ谷町」であった当時の越谷市における中核駅であったが、江戸時代の宿場町であった現在の市中心部に駅を設けるため、地元の人の熱心な活動が行われ、東武鉄道初の請願駅(地元の人の要望に応えて開設する駅のこと)として設置された。駅の東口には活動を讃える石碑が建ってい .....




PAGE
TOP