白子宿

白子宿付近の街並み

川越街道沿いの東京都と埼玉県の境界付近、埼玉県和光市白子にある宿場で、川越街道では板橋宿、上板橋宿に続いて3番目の宿場である。

荒川の支流である白子川の河岸段丘を横切るように道が伸びており、繁栄を極めた江戸時代には、その豊富な湧き水を利用した造酒が盛んであったという。また、1876(明治9)年には白子村の熊野神社境内に日本最初の養魚場ができたという記録もある。神社では今でも、崖下に染み出す湧水を目の当たりにできる。

白子集落の歴史は非常に古く、付近では縄文時代の遺跡も発掘されている。古墳時代から奈良時代にかけては渡来人の移住があり、白子(しらこ)の地名は「新羅」に起源をもつと言われている。

現在も旧街道の道筋は車道として生かされているが、周囲の建物にはほとんど往時の面影は少なく、マンションなどが多く建てられている。古民家が残る大坂付近(白子郵便局の交差点の西側)では昔の面影を感じることができる。

白子宿

白子宿
所在地:埼玉県和光市白子2丁目付近 

和光市のitot


PAGE
TOP