大百池公園

大百池公園
大百池公園

「大百池(おおどいけ)公園」は、京成千原線をはさんで台地側と池側に分かれている。台地側は、スダジイやスギ、アカマツ、イヌシデ、コナラなどの豊かな既存林を活用した区域だ。木漏れ日のあたる散策路や運動広場、お花見広場周辺は都会の喧噪を忘れさせるほどの静かさである。東端の広場は、「おゆみの道」方面が一望できる展望スポット。また、台地部分は「城の台」と呼ばれ、小弓城の東方擁護施設として築かれた土塁が保存されている。

大百池公園
大百池公園

池側は古くから溜池として利用されてきた大百池を中心に、水辺には池が見渡せるボードウォーク(木製デッキ)や休息施設がある。池周囲の園路は一周約700m。山側を含めた公園全体の外周園路は約1,500mあり、どちらの園路も平坦なので、散歩やジョギングコースとして利用できる。

大百池公園は桜の名所で、池の周囲やお花見広場を中心にソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヤマザクラ、サトザクラ、シダレザクラなど約330本が植栽されている。

大百池公園
所在地:千葉県千葉市緑区おゆみ野中央2-2 ほか
電話番号:043-294-2884(都市局公園緑地部公園管理課緑公園緑地事務所)
http://www.city.chiba.jp/shisetsu/koen/0..

緑区のitot




PAGE
TOP