中国料理 川菜味

中国料理 川菜味
中国料理 川菜味

国道14号線を西船橋方向に進み、船橋郵便局手前の一本脇道にそれた突き当たりの住宅街一角に、中国料理の名店として評判の「川菜味」がある。昼にもなると、船橋市役所をはじめとする近隣で働く人たちで席がすぐ埋まってしまう超人気店だ。ランチであっても予約をする人もいるというから驚いてしまう。

中国料理 川菜味
中国料理 川菜味

40席ほどのこじんまりとした店は、今年でオープンして10年だという。アットホームな雰囲気の中で本格的な中国料理をいただけるとあり、オープン以来その人気を保ち続けている。

聞けばオーナーシェフ蓑島氏は、日本に四川料理を初めて広め、中国料理界の神様と呼ばれた(故)陳建民氏・(故)黄昌泉氏などの下で修業し、「四川飯店」の柏・船橋・六本木各店の料理長を務め、後に独立してこの「川菜味」を開店したという実力の持ち主。輝かしい経歴に決しておごることなく、昼は地元の人たちの食堂替わりに、夜は大事な宴席のために腕を振るい続けている。

中国料理 川菜味
中国料理 川菜味

四川料理はピリリと辛い料理が多いが、こちらの四川料理は日本人にも食べやすくアレンジされているという。

川菜味の看板メニューである「麻婆豆腐」や「担々麺」もほどよい辛みと、深いコクが感じられ、最後まで余す事なくいただけるようになっている。この2品はランチメニューにも登場するので、是非試してみたい。ご飯やザーサイ、サラダ、スープがついて840円。看板メニューが気軽に頂けるのは嬉しい。

また、フカヒレ料理にも定評がある。美容にも効くというコラーゲンたっぷりのフカヒレを、滋味深い出汁でこっくりと煮るそうだが、丁寧に調理しないとしっかりと味がつかないという。フカヒレの扱いも心得ているベテランシェフだからこそ、おいしいフカヒレ料理をいただけるというものだ。

どんなシーンでも対応できる川菜味の料理の数々。でも小さな子どもがいる等気を使うようならば、是非試してみたいのが「おせち料理」だ。チャーシューなどの焼き物を中心に、川菜味渾身の味が器に盛りつけられて、4人でも十分に楽しめる料で16800円(税込み)。半分の量のおせちも用意されているというので、家でつくったおせちと共に頂くこともできる。いずれも数に限りがあるようなので、余裕を持って相談したい。

中国料理 川菜味
所在地:千葉県船橋市本町2-10-29 
電話番号:047-420-1878
営業時間:11:30~14:30、17:00~22:00(L.O.21:00)
定休日:月曜日
http://www.min-funabashi.jp/modules/z1/i..



PAGE
TOP