成田山新勝寺

成田山新勝寺
成田山新勝寺

毎年正月には300万人近い人々が初詣に訪れる「成田山新勝寺」。その数は東京の「明治神宮」に次ぐ全国2位。千葉県内では1位である。節分の日に開催される豆まきでは、大相撲力士やNHK大河ドラマの出演者が参加することもあり、テレビのニュースで取り上げられたりしている。

940(天慶3)年開山。平将門の乱を平定するために、朱雀天皇から派遣された寛朝大僧正が、下総国公津ヶ原で不動護摩の儀式を行ったことに由来している。その後、成田村の名主が現在の場所に伽藍を建立したのが、成田山新勝寺の発祥とも言われている。長い間、さびれた寺だったが、江戸時代に入って庶民の信仰を集め、成田参詣が盛んとなった。

広い境内には、釈迦堂、三重塔、額堂、光明堂、仁王門(いずれも国の重要文化財に指定)など、建立時代の異なるさまざまな建造物が建ち並んでいる。

成田山新勝寺
所在地:千葉県成田市成田1 
電話番号:0476-22-2111
http://www.naritasan.or.jp/





PAGE
TOP