旧堀田邸・さくら庭園

旧堀田邸・さくら庭園
旧堀田邸・さくら庭園

「旧堀田邸」は佐倉藩11万石最後の佐倉藩主堀田正倫が、明治維新後の1890(明治23)年に佐倉城から移り住んだ邸宅で、約10万坪の広大な敷地には、大黒門、座敷棟、湯殿などが残り、明治期の旧大名邸宅を偲ばせる貴重な存在となっている。また、庭の部分は「さくら庭園」と呼ばれる日本庭園で、明治の庭師・伊藤彦右衛門によるもので、山の起伏など自然を利用したいたるところに桜の木などが植えられ、春には見事な花を咲かせる。

2006(平成18)年には、住居部の玄関棟・座敷棟・居間棟・書斎棟・湯殿および土蔵、門番所の7棟が「旧堀田家住宅」として国の重要文化財に指定されている。

旧堀田邸・さくら庭園
所在地:千葉県佐倉市鏑木町274 
電話番号:043-483-2390
開館時間:10:00~16:30(入館は16:00まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月28日~1月4日)
http://www.city.sakura.lg.jp/0000000627…





PAGE
TOP