ヴァンローゼ

ヴァンローゼ5
ヴァンローゼ5

「ヴァンローゼ」は、千葉県八千代市勝田台にある人気スイーツ店だ。

目まぐるしく流行が移り変わるスイーツ界の中にありながら、常に地元に愛され続け2009年には創業から32年目を迎えた。いや愛されているのは実は地元にだけでなく、口コミが口コミを呼んで、現在では全国から注文が来るほどになっている。

ヴァンローゼ2
ヴァンローゼ2

青い格子状の立て看板が目印のお店は、とても32年間変わっていないとは思えないほど清潔感に溢れている。店内に入ると、これもまたオープン当時から使い続けているという、大型のショーケースがドンと置かれ、その反対側には買ったケーキをコーヒーなどと一緒に食べることができるサロンスペースが作られている。大型のショーケースは、今の時代には少々珍しい部類に入るかもしれないが、目移りするほどいろいろなケーキが並んでいるのを見るのは私は好きだ。

ヴァンローゼ4
ヴァンローゼ4

常時並んでいる生菓子の種類は、30~35種類くらい。オープン当時からの定番商品もあれば、季節ごとのフレッシュなフルーツを使った商品、そして月に1つずつくらい増えていくまったく新たな商品などもある。その他に、オーナーがフランス業時代に学んだマカロンなどの焼き菓子も。

いろいろ並んでいるとは言ったが、そのスィーツはどれも王道を歩いている。ケーキはシンプルで派手なデコレーションはないが、しっかりとしたフランス伝統のケーキを味わえるのだ。

ヴァンローゼ7
ヴァンローゼ7

仏産の高級栗ペーストを使ったこだわりのモンブランは、非常に軽く雪解けのような口当たり。スレッシュフルーツを使ったタルトは、甘く、しっかりと、サクサクと。シュークリームも注文を受けてからカスタードをたっぷり入れてくれるので、皮がパリパリだ。ミルフィーユは、パイ生地とカスタードだけのシンプルなものだが、甘すぎずに濃厚なカスタードとザックリとしたパイ生地の組合せは抜群。

そして、特に人気のアップルパイ。底面のパイ生地の上に、濃厚でほど良い甘さのカスタードクリームを敷き、その上に薄くスライスした甘酸っぱい「紅玉」をたっぷりと乗せて焼き上げているのだが、シャクシャクした歯応えが残った「紅玉」と、サクサクしたパイのバランスが最高なのだ。

「どの商品にも愛情を込めて作っているので、アップルパイだけ特別扱いしている訳じゃないんですけどね」と笑うオーナーだが、多めに作っているはずなのに午前中で売切れてしまうことが多く、予約しないと手に入らないこともしょっちゅうあるほど人気になっている。

ヴァンローゼ6
ヴァンローゼ6

そんな「ヴァンローゼ」の人気の秘密を、オーナーに伺ってみた。

「何なんでしょうね?(笑)特に“こだわり”とかってないんですよ。いつもやってることといえば“いい素材を選ぶ”とか、“旬の一番美味しい時の素材を使う”とか、“加工品は使わず全部手作り”ってことぐらいですが、こんなのどこでもやってる当たり前のことですよね?」
非常に口下手という感じで、一語一語言葉を選びながら答えてくれた“昔気質の職人”という感じのオーナーだが、いやいやオーナー、今の時代、それをこだわりというんじゃないですかね?それを当たり前にできない所が多いんですよ。

ヴァンローゼ3
ヴァンローゼ3

作るケーキはシンプルなものが好きという「ヴァンローゼ」。

“シンプルなケーキ”というのは、素材もそれを活かす腕も問われる商品。つまりごまかしが効かない商品ということだ。流行は追い続けるのも大変だが、追わないのも勇気がいる。

どっちが正解などというものはないが、「ヴァンローゼ」は流行を追わずに王道で勝負している。しかしこれだけは言える。王道は、いつの時代も愛されるから王道なのだと。

ヴァンローゼ
ヴァンローゼ

ヴァンローゼ
所在地:千葉県八千代市勝田台1-36-10 
電話番号:047-482-0578
営業時間 10:00~20:00
定休日 水曜日
メニュー例:
チーズケーキ…231円
ミルフィーユ…294円
タルト…231円
アップルパイ…263円
ガトーフレーズ…368円

http://www.katsutadai.info/vinrose/





PAGE
TOP