生粋(ナマイキ)

東京メトロ銀座線「末広町」駅を出て約1分。白い暖簾に「肉」とだけある。こちらは「生粋(ナマイキ)」という焼き肉のお店。青山の人気高級焼き肉店「よろにく」の流れをくむ新店としてオープンした。「よろにく」譲りの最高品質の肉をリーズナブルに、お洒落で落ち着いた雰囲気でいただけるということで、予約は必須、いつ来ても満席の大人気店となっている。

白い暖簾がかかっているだけなので分かりにくいが、お店はこの2F
白い暖簾がかかっているだけなので分かりにくいが、お店はこの2F

取材の日に出していただいたのは「生粋盛合せ」「和牛握り寿司」「タン昆布」「シルクロース」など。これらについて少し説明してみよう。「生粋盛合せ」は、赤身刺し、霜降り刺し、ユッケの3点盛り。刺身はたまり醤油でいただく。赤身肉はさっぱりとしていて、霜降りは脂が舌でとろける。「和牛握り寿司」は生醤油が用意され、こちらもとろけるような感覚が味わえる。

「生粋盛合せ」。最高の生肉がいただけるのがこちらの自慢。
「生粋盛合せ」。最高の生肉がいただけるのがこちらの自慢。

「和牛握り寿司」。もっちりとして美味。
「和牛握り寿司」。もっちりとして美味。

ユッケの肉は粗挽きでゴロゴロしており、生肉の旨みを噛み締められる。「生粋」の生肉は鮮度抜群な刺身や、今では中々お目にかかれないユッケなど、様々な食し方で美味しくいただけるのがこの店の強みだ。生肉の臭みなど全くない清潔感溢れる味わいなので、ぜひおすすめしたい。

お肉がゴロゴロとした食感のユッケ
お肉がゴロゴロとした食感のユッケ

焼き物には人気の「タン昆布」と、看板メニューでもある「シルクロース」をチョイス。こちらの店では、お肉を最も美味しくいただける焼き加減を教えてくれたり、時にはスタッフが焼いてくれることもある。タン昆布は、薄切りのタンをサッと焼き、そこに塩昆布をかけていただく。柔らかく、かつ程よい歯ごたえのあるタンに塩昆布の旨みが相まってなんとも言えない幸福感に満たされる。

タン昆布
タン昆布

薄切りのタンを小さく畳んで、塩昆布をかけていただく
薄切りのタンを小さく畳んで、塩昆布をかけていただく

看板メニューのシルクロース
看板メニューのシルクロース

「よろにく」の代名詞でもある「シルクロース」は、焼き網に乗せるとフワッと炎が立ち上り、一瞬で炎は消える。炙る程度の焼き加減で、こちらはご飯を巻いていただく。うずらの玉子ほどの大きさに丸められたライスボールが用意されており、それをくるっと巻いて口に入れると、最高の肉の脂をまとったご飯が口の中でほどけ、旨みでいっぱいになる。シルクロースは1人一枚で、もっと食べたくなるのだが、コースの場合なら十分お腹いっぱいになるだろう。

炙る程度のレア加減が最高に美味しい
炙る程度のレア加減が最高に美味しい

タレはたっぷりからませよう
タレはたっぷりからませよう

ライスボールを巻いたシルクロースは絶品。もう一枚食べたくなる。
ライスボールを巻いたシルクロースは絶品。もう一枚食べたくなる。

丁寧に焼き加減を教えてくれるスタッフ。焼く姿も紳士的。
丁寧に焼き加減を教えてくれるスタッフ。焼く姿も紳士的。

高級焼肉店では1人1万円以上はみておきたいところが、「生粋」ではよりリーズナブルな「肉盛合せ」がいただけることも、人気の理由だ。「肉盛合せ」は赤身の刺身、ユッケのブルスケッタ、焼き物、お吸い物、和牛炙り握り、シルクロース、ザブトンのすき焼きなどが並ぶ。それに前菜のキムチや〆のそうめん、かき氷などが付くコースもあり、ほとんどの人がこのどちらかを選ぶという。もちろんアラカルトにはビビンバやスープなどもある。

肉をぞんぶんにいただいた〆はかき氷。何種類かある中でもバジルレモンがお店のおすすめ。4人でも食べられる山のように大きなかき氷はフワッフワなので豪快に崩して食べよう。バジルレモンの強い清涼感とキーンとした冷たさに、脂が全て流される。

落ち着いた雰囲気のカウンター席
落ち着いた雰囲気のカウンター席

〆のかき氷はバジルレモンの香りが清涼感いっぱい。
〆のかき氷はバジルレモンの香りが清涼感いっぱい。

お肉を案内してくださった店長の吉田さんは「お肉が美味しい、サービスが良いと喜んでいただけるのが一番嬉しいです。やりがいは気持よく帰っていただけることに尽きます」とのことだ。店内もムーディでホスピタリティも抜群。「生粋」の美味しさと居心地の良さを知ったなら、自身をもって仲間にすすめたくなるだろう。

生粋(ナマイキ)
所在地:東京都千代田区外神田6-14-7  2F
電話番号:03-5817-8929





PAGE
TOP