千鳥ヶ淵公園

毎年春に「都内の桜の名所」として雑誌やTVなどで紹介される一帯のひとつが、皇居ほとりの「千鳥ヶ淵公園」。主に、皇居の西側にある「千鳥ヶ淵」と、「英国大使館」の間にあたる緑地を指し、半蔵濠と半蔵門前付近の緑道まで入れて紹介されることもある。南北約450m、東西約20mの細長い園地には、ソメイヨシノやヤマザクラなど合わせて約170本の桜があり、この桜がお堀の水面に映し出される様の美しさが多くの人を惹き .....




PAGE
TOP