銀座一丁目駅

日本有数の繁華街・銀座と、「有楽町」駅の間にある、東京メトロ有楽町線の停車駅「銀座一丁目」駅。開業した当時は、有楽町線の終着駅であった。駅の真上を通る柳通りの幅に合わせて駅の施設を収めているため、改札は地下2階、現在の終着駅である新木場方面は地下3階、池袋方面は地下4階と、単式ホーム1面1線の上下2層構造になっている。出口は11番まであり、いずれも有楽町と銀座の主要道路や商業施設、オフィスビルなど .....




PAGE
TOP