勝鬨橋

1940(昭和15)年6月に完成した「勝鬨橋」は、幻に終わった月島地区での日本万国博覧会でメインゲートとなる計画だった。そのため格式ある形式、かつ日本の技術力を誇示すべく、すべて日本人の手で設計施工した。本来は日本で珍しい跳ね上げ式の可動橋であるが、交通量の増加などの理由と橋の下を通過する大型船舶の減少で1970(昭和45)年を最後に橋の開閉は停止した。 また、夜になるとライトアップされて近隣ビル .....




PAGE
TOP