榛原

江戸後期の文化年間に、美しい光沢が特徴の和紙「雁皮紙(がんぴし)」を、江戸の庶民に販売する和紙屋として創業した「榛原(はいばら)」。以来、日本橋の地にて和紙舗を営んでいる。滑らかで文字が美しく書ける雁皮紙は、粋を好む日本橋界隈の庶民の間で評判を呼び、現在も地下鉄「日本橋」駅直結のビルに入る店の軒先には、看板商品である「雁皮紙」の文字が入った暖簾が風になびいている。日本国内の雁皮植物で作る雁皮紙は、 .....




PAGE
TOP