日本橋船着場

隅田川に神田川、そして日本橋川。江戸は水運の利に恵まれた街でもあり、特に日本橋は「水の都」と呼べるほど水運が発達していた。高度経済成長を経て、現在は日本橋界隈は陸運が主流になったが、地元では「水の都」を取り戻す機運が高まっていく。そして機運が実を結び、誕生したのが、日本橋架橋100周年記念で日本橋のたもとに造られた「日本橋船着場」だ。河岸の名前「双十郎河岸」は、完成記念のセレモニー「船乗り込み」で .....




PAGE
TOP