ドレッドフル

ドレッドフル DREADFUL

「『2001年宇宙の旅』はご存知ですよね?あのスタンリー・キューブリック監督の映画『時計じかけのオレンジ』に出てくるミルクバーを手作りで再現しました」と語る、今回紹介する「ドレッドフル DREADFUL」オーナーの高木さん。

たしかに「オーナー」という堅苦しい名称よりも、高木さんのスタイリッシュなドレッドヘアと醸し出す雰囲気が、店内の不思議で魅惑的な空間と合致していて、妙に心地よい。

ドレッドフル DREADFUL 

都営大江戸線「若松河田」駅から徒歩1分ほど、店の真ん前に都営バスの「若松口」停留所がある。バスから降りる人たちは皆、この白く浮かび上がるような不思議な空間をやはり不思議そうな顔して通り過ぎていくらしい。

「入りにくいと思いますが、一旦入ってしまうとラフな店員とリーズナブルなメニューがお待ちしてます」と快活に笑う高木さん。

実際、店内に入ってイスに座り外を眺めてみる。不思議なことに通りの風景が驚くほどしっくり馴染んでみえる。お気に入りの本を持ち込んだり、ただ単に静かにすわっていたり、気の置けない友人とのおしゃべり、なんでもOKなのだ。もちろん、女性1人でも全く問題ない。

「小さなワンちゃんを連れた方がお散歩の途中に立ち寄られたり、ベビーカーを押したママたちのグループが、それぞれの過ごし方や楽しみ方で来ていただいてますよ」と高木さんは語る。

ドレッドフル DREADFUL 

「ドレッドフル」の特筆すべき点は、朝までしっかりとご飯が頂けることだ。深夜に空腹でなってしまっても、ラーメンなど限られたメニューしかないことが多い中で、キチンとご飯ものが頂けるのは嬉しい限り。オススメは一度食べたら病みつきになると評判の「タコライス」。これも深夜でも注文できる。

ドレッドフル DREADFUL

この地に落ち着いて十数年。開店当時は大江戸線が出来る前だった。周辺の変遷を静かに眺めながら、「新宿の若松にドレッドフルあり」と今夜もドレッドフルフリークが集う。

※メニュー・値段は取材当時のものとなります。

ドレッドフル
所在地:東京都新宿区若松町28-3 ハイマート若松1F
電話番号:03-3207-1802
ランチ(月~金)11:30~16:00(L.O.15:30)、バー(月~土)
17:00~05:00
定休日:日曜日・祝祭日





PAGE
TOP